Sparkles United


Becoming Jane
February 21, 2010, 10:01 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

去年は会員になっておきながらほとんど行かなかったギンレイシネマ。結局更新をしたので、今年はせめてモトは取るぞと誓いました。そして同僚と先週上映していた「ジェーン・オースティン 秘められた恋」を観に行きました(原題のままのほうがよかった)。

生涯独身を通し、6つの珠玉の小説を残しながら41歳の若さで没したジェーン・オースティン。今でも全く色あせない恋愛小説、そして人間ドラマのクラシックを書いた人物である以上、よほどのユニークな家族に囲まれて育ったか、大恋愛をしたに違いないと思っていましたが、本当にその通り。すごく切ない恋でした。

一方で、いわゆるキャリアウーマンのハシリでもあったんですね。自分の能力に自信を持っていたからこそ、幸せになれない結婚にはNoと言ったのだと思います。一緒に観に行った方が「どうしてあのお金持ちじゃ駄目なのか理解できない(笑)」と仰っていましたが、もし資産家と結婚していて優雅な生活をしていたら、今頃彼女の小説は残っていなかったんじゃないかな。

正直言って主役はアン・ハサウェイじゃないほうが良かった。。。決して演技が下手だとは思わないんだけど、アメリカ人だし、顔立ちがエキゾチックすぎるし、やっぱりちょっと違う。一方、トム・ルフロイ(恋人役)を演じたジョン・マカヴォイは最高でした。知的だけど生活力がなさそうで、なにか陰がある感じ。とはいえ、ジョンはここ数年のなかで一番注目している俳優の一人なので、少し贔屓目があるかも。

それ以前のキャリアがどうだったかは知らないのですが、最初にわたしがこの俳優をrecognizeしたのはナルニアの一作目。おそらく大勢の女の子がルーシー・ペベンシーの目を通してタムナスさんに恋をしたと思います。頼りなさそうで暖かい、微妙な奇妙さがとても印象深い役でした。それ以来、Wantedだとかペネロピだとか、なんだかんだ言って彼の出演作を全部見ているかも。昨日も「つぐない」を見直してみました。切なかった。

ジェーン・オースティンに話を戻すと、わたしはまだ3作(高慢と偏見、Sense & Sensibility、エマ)しか読んだことがないので、本棚に眠っているPersuasionを次なるターゲットにしたいと思います。



Golden Slumber
February 8, 2010, 9:40 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

。。。と英語で書くよりも、ゴールデンスランバーとカタカナで書きたくなるタイトル。

待ちに待った公開を迎え、昨日友達と見てきました!

格好良かった!

普通なら「面白かった!」と言わなきゃいけないところですが、面白かったけど、堺さんが出ていたからこそ観に行ったので、そうでなかったら映画館には行かなかったかもしれません。

伊坂作品は初めてでしたが、スリラーというよりはファンタジーと言ったほうがいいような不思議なストーリーでした。テンポが良いので飽きる瞬間もなく、あっという間の2時間に感じられました。話の途中で学生時代にフラッシュバックするのと、仙台の景色がなんだか懐かしい感じがするのとで、とても日本らしいノスタルジックな映画だと思いました。

主人公のキャラクターに堺さんの雰囲気がハマっていると思う一方で、逃げてばかりの役なので周りに流されている場面ばかりで、本人の人格からにじみ出る動きというのは少なかった。次回は是非もう少しじっくりと演じられるような役に挑戦して欲しいな、と思います。

残念な点は、主題歌がビートルズのオリジナルではなくて日本人アーティストのカバーだという所です。ビートルズファンとしては、かなりずっこけます。また、劇中で登場人物がそれぞれ鼻歌で歌う場面があるのですが、例外なく調子が外れているのにも、ずっこけます。家に帰ってきてオリジナルを聴いてほっと一息。

まさに自分と同世代の、懐かしい新作映画でした。



The Lovely Bones and My Sunday
February 1, 2010, 12:08 am
Filed under: Books, Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

The Lovely Bones

Steven Spielberg and Peter Jackson and a bestseller novel.  What more can you expect in one film?  I had been so looking forward to this film, and I went to watch it this afternoon.  It’s one of the films I wanted to go with a company, but I had no one and I really wanted to watch it today.  It was beautiful, wonderful and touching.

The story is about a 14-year-old girl, who was happily in love with her classmate, who lived with a still-very-much-in-love parents and 2 siblings.  One evening in December she was murdered by a psycho killer in her neighborhood.  She gets stuck in a place between here and the heaven.  Her family struggles to cope with her death and is falling apart.

The scenes in this world were so very realistic, the in-betweens very dreamy and inconsistent, and extremely imaginative. I thought I would cut back some heaven scenes for they sometimes gets a bit dragging, but overall, the story is great and I love the camerawork.  I highly recommend it.

My Sunday

The rest of my Sunday was interesting.

I washed about 15 pairs of socks. (remember, I started wearing multiple layers of socks a week ago.)

I heard a sound of cello over the phone

My favorite sushi box at a neighborhood deli got a 30%-off tag right in front of my eye (yey!)

My stomach got over the pain from yesterday’s biopsy.

I went to my favorite select shop and found a super-cute dress and a lovely top at half price.

And there was something weird happened when I was shopping.

There was a tall but not-so-good-looking guy coming right behind me, when I was browsing through stacks of clothes and displays.  He was so right behind me, I was uncomfortable and looked at his direction.  I swear he looked at me then, too.  Well, perhaps he was just coming towards the same general direction.  OK.  So I moved on.

Then I was just looking at a beautiful rose-color jacket and thinking if the color goes well with my skin, someone talked me from right behind me, “that looks so old-lady-like”.  What?!  It was that guy.  Somehow he was standing 5 inches from me, looking at this jacket.

OK, I am not a 20 years old student, I think I can handle the jacket alright, thank you very much.  Besides, it’s none of his business!  This time, I looked at him directly in his eyes.  He ran away so quickly that I wasn’t even able to see what expression he had on his face.  I am sure he went back to his girlfriend, whoever it was, and left the shop instantly, for I did not see him again.

SO WHAT WAS HE, following my head or my shoulder bag?  I can tell you, he will break up with his girlfriend before the cherry blossom.

I don’t know why I feel so disgusted by this guy – I wasn’t even thinking about buying that jacket, so it’s not about what he said.  (Japanese size jackets do not fit me at all.  They are either too wide around the waist or too tight around the chest.)  But I think he was my least favorite kind.  My judgement of people is often quite accurate, I think.  He seemed to be a kind of guy who complains about his wife’s cooking at every dinner, or complains about his wife to his mom.  And he’s probably a type of people who are always so mean to customer service reps beyond the level of necessity.  He probably blame people so much that whenever his girlfriends dump him, he wants to demand financial compensations for his wasted time.  I hate these people.

Gosh, I don’t know what I am doing.  My Sunday was pretty fun and good.  This small incident didn’t spoil it.

Anyway, below are books I saw at the book store. (Found interesting, didn’t buy.)

Left is a collection of works by a famous Japanese poet, Shuntaro Tanigawa.

On the right is a book about Caravaggio.



Upper East Side and Barcelona (& Baltimore?)
January 24, 2010, 1:40 am
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: ,

Unintentionally, I happened to rent three(!) Scarlet Johanson films this week.  All were pretty good, as it turned out.

The Nanny Diaries

The Japanese title of this film is like ” Why I got so mad at the teddy bear” which is to the point, but kind of ridiculous as a movie title.  So I had very little expectation.  But I enjoyed it!  The plot was good, Laura Linny was brilliant, and Alicia Keys was very beautiful.  But what I liked about this film the most was the costume!  All the clothes were pretty and inspiring.  I tried to learn more about the costume designers, but it seems that they did not use anything special, they just picked up cute things from French Connection and other fast fashion brands, designers brands, and some second hand shops.

日本語では「わたしがクマにキレた理由」などといいう変なタイトルがついていたため、Nanny Diariesが原作の映画だと見始めるまで気がつきませんでした。とはいえ原作も読もうと思ったことはなかったのですが、これが意外と面白かった。話はもちろん、ローラ・リニー(すごく色々な映画に出ている演技派の俳優です)が良かったし、アリシア・キーズが美しかった!でもなにより、衣装がすごく可愛くて参考になりました。ネットでコスチュームデザイナーを調べてみたけど特別なものは使っていなくて、普通にファストファッションやデザイナーズブランド、古着屋さんなどで集めて来たものらしいです。

ストーリーは、大学出たてで何をしたらいいか迷っている女の子が何となくマンハッタンのお金持ちの家の乳母になり、ひと夏苦労をしながら自分を発見するという、まあ普通のお話です。

Vicky, Christina, Barcelona

I heard so many good things about this film, so I wanted to watch it for a long time.  I love it!

There are these two American tourists to Barcelona, who fall into strange relationships with an local artist and his crazy beautiful wife.  Well, the story itself was intriguing and interesting enough, but I loved it because the film is just beautiful.  All scenes are colorful and airy and nostalgic.  I’ve been to the city twice, and I just love the atmosphere.  I love the look and feel of the film, more than the story itself.

それでも恋するバルセロナは観た人が皆すごくいいと言っていたので、DVDが出るのを楽しみにしていた作品です。うん、良かったです。でもわたしはストーリーそのものより、バルセロナの景色や空気の感じ、色の土っぽい感じが好きです。バルセロナは2回訪れたお気に入り(強盗にあってもなお、)で、映像を見ているだけで「ほんわか」した気持ちになります。

He’s Not That Into You

I did not care to know who were in the film, and I did not mean to watch this one, it’s just a few of my friends mentioned it, so I was intrigued.  This film is about many styles of love stories between 4, 5 or more couples who directly and indirectly know one another.  All relationships are imperfect, and the characters struggles some to try to get out, some to try to get deeper into it.  In the end, not all relationships took happy courses, but some were really nice and touching.  Good film, overall.

意図せず選んでしまったスカーレット・ヨハンソン出演作の3つ目は「そんな彼なら捨てちゃえば?」です。これも日本語のタイトルがイマイチ。観るつもりはなかったのですが、やはり友人が良かったと言っていた気がしたので。

様々な恋愛が絡み合うオムニバスですが、ストーリーとしてはこの3本のなかで一番好きかな。全部がうまく行く恋ではないですが、ほろりとする良い話もあって、観て良かったと思いました。それにしても、恋する男性というものをもう暫く見かけていない気がします。日本では絶滅危惧種なのかな。



Books
January 20, 2010, 9:38 pm
Filed under: Books, Diary | Tags: ,

先ほど本の話題を書いたので、年末年始で読んだ本を少し。実は12月後半からネタは溜まりに溜まっていて、ただブログを書いていません。

さよならドビュッシー」中里七里

本屋さんで今年の「このミステリーがすごい!」大賞に選ばれていたので、買ってみました。たしかにミステリーとしては良くできているし、主人公が障害を負うことになるストーリー上、いろいろとその手の話も出て来て「ふうむ」となるのですが、あんまり私の好みじゃないです。深みがない。

だからといって万城目学さんの本にどんな深みがあるかといわれると言葉に窮する訳ですが、なんだろう、本を読み終えると目の隅に見えてくる別な世界があるか、ということでしょうか。障害者を主人公にして無理矢理どんでん返しを作っているように感じられるのです。イマイチ。

とはいえ、今年の大賞に選ばれただけあって良い作品なのだと思います。わたしの好みが変わっているだけだと思います。なんせ村上春樹が好きじゃないと言っている人には滅多にお目にかかりません。

Ender’s Game by Orson Scott Card
エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))
年末年始、実家に帰っても暇なのですが本を沢山持って帰るのも重いので、編み物の友にと思ってオーディオブックを大量にダウンロードしました。(Audible.comを愛用しています)その中の一冊が、これ。本としてもオーディオブックとしても非常に評価が高くて、全く聞いたことがない作者の作品だったにも関わらず手を付けてみたものです。
これは文句なしに面白い。
未来の世界、宇宙から別な生命体に侵略されそうになって以来、宇宙戦争を戦う精鋭部隊を育てるために子供の頃から英才教育をする事態になっています。宇宙で戦う人材は地上とは違う感覚とものの見方を身につけなければならない、ということで、見込みのありそうな子供を集めては宇宙基地に送りひたすら司令官を育てる教育をするのです。エンダーという男の子もその一人。非常な知能を持ちながら人格的にも適任で、司令官養成学校でメキメキと頭角を現します。
でもこの本の面白さはそんなSF的な部分にあるのではなく、エンダーとその姉のヴァレンタインの心の葛藤にあります。二人にはさらにピーターという兄がいるのですが、ピーターの残忍で狡猾なこと。エンダーもヴァレンタインも自分の能力を伸ばしたい一方で、自分の中に潜んでいるかもしれない「ピーター的人格」の陰に怯えます。
いや、とにかく面白い。Amazonのレビューによると翻訳はイマイチのようですが、原作もそんなに分厚くないんじゃないかな。いずれにしても面白いです〜。是非映画化してほしい。

これ以外にもオーディオブックで発見!した本がありますが、そのネタはまた別の機会に。すごく面白いので、そう簡単に書けません。



万城目学&読書
January 20, 2010, 9:07 pm
Filed under: Books, Diary | Tags: , ,

ブログを読んでくださっている方は承知しておられるとおり、わたしは日本の小説というものを余り読みません。(ついでに、日本映画もとんと見ません。特に映画館では。)子供の頃や学生の頃は太宰治や夏目漱石を読んだり、宮本輝や吉本ばななやティーンズ小説を読んだり、まあちょこちょこと読んではいましたが、現代作家ではほんとに少し。でもたまに本屋さんに行くと「おや」という発見があり、そうすると一気呵成にその作家の作品を読みます。

一時期は小野不由美さんの本にハマって読みました。でも結論もなくシリーズものを書くなんてひどい。。。未だに完結しないシリーズが10年近く放っておかれ、どうなっているんだろうかと時々思い出します。

それはそうと、「鹿男あをによし」をドラマでやっていたとき、それに原作があることを知り、ドラマは見なかったものの小説は読んでみました。余りに突拍子のない話なのですがもの凄く面白くて、二晩くらいであっという間に読んだ記憶があります。

その後、万城目作品を買いそろえ、似た感じの森見登美彦作品もいくつか買い、そのまま本棚の後ろの列(本棚はもはや一段に前後2列で詰め込んである)で2年近く眠っていたのでした。

お正月明け、テレビにも飽きドラマにも飽き、映画館で上映中の目玉作品も観てしまっていたので、なんとなく手に取ったのが「プリンセス・トヨトミ」。万城目さんの比較的最近の本です。部屋にはビジネス書の山が二つくらいあるのにも関わらず、どうも小説が読みたくなってしまったのです。鹿男が奈良で本作が大阪が舞台です。周りにある歴史都市にくらべミステリーのなさそうな大阪という土地を舞台に(わたしの勝手なイメージで済みません)、こんな突拍子もない話を思いつくものか、という感じでした。とにかく面白くて、またあっという間に読みました。

そこで辿り着いたのが「鴨川ホルモー 」。っていうか、順番が逆な気もします。これが京都を舞台にしたデビュー作です。
ホルモーというのは特定の人にしか見えない鬼を使って行う戦争ごっこ、というか対戦ゲームの名前です。京都の4大学対抗で千年前から伝わる(かもしれない)ホルモーに引きずり込まれた大学生のお話。まあ、まったく訳が分からないです。でも、万城目さんの作品は設定は奇天烈なのに、話の展開や登場人物の悩み、会話、人間関係が妙に納得感、現実感があって、すっと入り込める気がします。それに古都の地下には蠢く「なにか」があるような気がして、見たいけど見たくない感じが自分の持っている古都のイメージにぴったりと来ます。

とはいえ、京都や京大というものに私が一方的に憧れているだけかもしれません。
大学受験のセンター試験申し込み直前になって突然京大を受けたいと言い出し、「今から社会科をもうひとつ勉強して間に合うか」と先生に相談しにいったところ、あっさり「何をいまさら、やめときなさい」と諭され諦めた。。。でも今考えたら地理のセンターくらい、2週間あれば間に合ったんじゃないかという気も。(当時東大と京大はセンター試験の社会が2科目だったのです。今もかな?ちなみに私は世界史受験でしたが、地理のほうが沢山単位を取っていました。)(注:正確には、コメント参照のこと)
この思いつきで終わった一件が「実現されなかったつかのまの夢」として私の中に残り、無意識のうちに「京都的なもの」に惹かれてしまうような気もします。
もし受けていたら平野啓一郎さんと同窓生?(あ、いえ、受かっていたら。。。)

そう、同世代の京大出身作家は私の知る限り3人いて、一人は平野さん、森見さん、そして万城目さんです。平野さんの作品はデビュー作を受賞時に読みました。ファンの方には申し訳ないですが、エーコなど類似作品を読んでいた私には新鮮みが感じられず、難しい言葉を使っているなあ、という印象しかありません。今回万城目作品を読破した後、森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」を少し読んでみましたが、こちらも言葉遣いが古風なわりに話には深みがなく感じました。設定がすっ頓狂なのに話の運びに納得感がある万城目さんにたいし、森見さんの話は筋書きに脈絡がなくて「この人それで何を書きたいのかしら?」と思ってしまう。あくまでも私の個人の感想です。でも、なんかね。どちらも頓狂な話なのに、何故でしょう?

というわけで、万城目さんの作品にどっぷりとハマった2週間。さっき「作家の読書道」というウェブ上の連載で万城目さんの回を見つけ、その読書歴にさらにうなってしまいました。

http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi74.html

子供の頃に読んでいた本はかなり自分と似通っていて、ただ途中から日本文学を読破されていた、というあたりからかなり違います。わたしは海外文学を片っ端から読んでいたので。でも何だか原点が同じな気がして親近感が湧きました。紹介本を参考に、幾つか読んでみようかと思っています。



my favorite music today

Heard this song somewhere and realized that I had the album (Continuum)  in my iPod. What a great song.
Dreaming with a broken heart – John Mayer

And this theme song from the latest film Avatar is quite amazing… I see you by Leona Lewis. Somehow they deleted the official version and this is the best one I found out there.

Speaking of a soundtrack, this one from Adam Lambert in 2012 soundtrack album is quite good, too.  His singing style, which is usually overwhelming and a bit theatrical, suits motion picture theme music amazingly well, as it turned out.

Why is he gay?  Why? (OK, there is nothing wrong about it, and I am not discriminating, it’s just such a loss for all the dreaming girls…)