Sparkles United


my favorite music today

Heard this song somewhere and realized that I had the album (Continuum)  in my iPod. What a great song.
Dreaming with a broken heart – John Mayer

And this theme song from the latest film Avatar is quite amazing… I see you by Leona Lewis. Somehow they deleted the official version and this is the best one I found out there.

Speaking of a soundtrack, this one from Adam Lambert in 2012 soundtrack album is quite good, too.  His singing style, which is usually overwhelming and a bit theatrical, suits motion picture theme music amazingly well, as it turned out.

Why is he gay?  Why? (OK, there is nothing wrong about it, and I am not discriminating, it’s just such a loss for all the dreaming girls…)



Chris Douridas
December 8, 2009, 3:03 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , ,

Oh, how I love his voice!  (English text below)

ネットラジオを聴き始めたのも、KCRW(サンタモニカのインディペンデントラジオ局)に辿り着いたのも、今聞いている色々なアーティストに出会ったのもChris Douridasからです。

Chrisはダラス出身、DJや音楽番組ホストをやりながら音楽にまつわるプロデュースを様々手がけ、「Taste Maker」と紹介されている人物。映画のサントラの監修、ラジオ局の音楽プロデューサー、AOLがネットラジオ事業を立ち上げたときの立役者(そして看板番組のDJ)、そして極めつけは、AOLのあとSteve Jobsに雇われてiTunesの立ち上げ時のいわゆるプロデューサー的役割を果たした人らしいです。(Wikipediaによる)

しかしなんといっても、長年看板DJ兼プロデューサーを勤めたKCRW。さっきも久しぶりにTune Inしたらいきなり偶然Chrisの番組をやっていて、その声の良さにしびれてしまったのでした。天職でしょう。しばらくラジオから遠ざかっていたようだったのですが、最近また結構番組を持っているみたいね。何が凄いって、やっぱりその音楽のテイストです。もう時代に揉まれた過去の名曲ではなく、全く無名のアーティストをピックアップしてプッシュするちから。

Sessions@AOLは実にいい番組でした。まだそれほど有名じゃなかったIndia Arie やAlicia Keysなどをスタジオに招いての生演奏、しかも他の人のカバーなどをギター片手に歌ったりして、珠玉の、本当にもう一度聴きたい放送ばかり。うん、もう一度聴きたい。気に入った放送があるとひたすら繰り返し、10回でも15回でも聴いた回もありました。

90年代にはテレビでライブ番組もやっていたらしく、DVDが出ています。今ちょっと気になっています。

Photo of Chris Douridas, from Dallas Observer

今はもっとオジサンです。でも声は変わらない。

インターネットが出てきて何でも人気ランキングにされてしまう時代ですが、いま私が注目しているのは、あるテイストを持った個人の熱意がこもったセレクション、プロデューサー力です。今この瞬間に人気があるものが良いとは限らないと、ますますそういう気がしています。

He is the reason I started listening to the Internet Radio, how I found KCRW, and how I discovered many of my favorite musicians.

Chris Douridas is from Dallas, a famous DJ and program host, a music producer behind many award-winning soundtracks, and helped setting up AOL’s web radio project and had run a popular program called Sessions@AOL.  Later on, Steve Jobs hired him to set up the iTunes business, and he acted as a music producer there, too. (From Wikipedia)

But above all, I love his shows at KCRW.  Today for the first time in several months, I tuned in on KCRW and the first thing I heard was his voice.  Some people can find their “profession” and Chris is one of them.  He not only has the voice, but the divine taste of recognizing the up-and-coming talents.

Sessions@AOL was such a wonderful program.  I remember India.Arie or Alicia Keys appeared on the show soon after they had first released their albums, and played live at the studio, with just a guitar or a piano and a vocal.  Those were so powerful.  I really want to listen to those shows again.  Very much.

These days we can see “top 10″s of everything, top 10 articles, top 10 movies, top 10 albums.  But I am more interested in the eclectic selection by someone with a taste and excellent producership.  Directionally, I think that’s the way to go.  Are those rankings really the result of the “wisdom of crowds”?  I think not.



So Much Music
December 7, 2009, 1:11 am
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags:

去年この時期、お気に入りの曲でCDを作って誕生日の人たちにプレゼントしたら意外に好評で、今年もまたやろうかな、と音楽コレクションを探っています。これまで聴いて育って持っていた音楽が、いつのまにかCDもハードディスクからも消えてなくなっていることに気づき、結構悲しくなりました。とりあえずColdplayのRush of Blood…は900円だったのでiTunesで購入(CD借りた方が安いけど。。。)Keaneの新譜も。

今年はクリスマスとバースデーソングを一曲ずつにしました。残りは好きな曲なのですが、なんかちょっとピザとショートケーキとエスカルゴを一緒に口に入れたような。。。どうもつながりが悪い気が。それもあって、最近新しいレパートリーを増やしていないものだと改めて思いました。ミーハーな曲を沢山入れようと思ったんだけど、それもつながりが悪くて殆ど却下になってしまった。R&Bもリストをスリムダウンしたら消えてしまいました。R&Bって節々いいメロディーはあるんだけど、結構緊張感やまとまりに欠ける感じがする。気がついてみたら、バンドはイギリスでボーカリストはアメリカ、みたいなリストになっていました。

iTunesでセレブリティ・プレイリストを色々見てみたところ、やはり選曲って難しいものだと思いました。いいな、と思ったリストはポール・マッカートニーくらいかな。

また来年に向けて音楽のストックを増やしていきます ^−^



Million Faces
November 23, 2009, 12:46 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

いつも家にいる時はFOXをつけっぱなし率が高いのですが、何かしている時は全く見ていないことに気づきました。テレビをつけっぱなしでYouTubeを見ていたりすることも。。。
なので、しばらくのあいだ本当に見るとき以外はテレビをつけないことにしました。

思いがけずiPodのシャッフルでかかって良かった曲。
Million Faces – Paolo Nutini iTunesのリンク
いまiTunesをみてみたら、まだティーンエイジャー(レコーディング当時)らしいです。ドニーハザウェイのような渋いR&Bシンガーかと思いました。驚き。アルバムを購入予定。

No Reply – the Beatles
思いがけずでもなんでもなく、毎日聴いても好きな曲

Against All Odds – Phil Collins iTunesのリンク
小学生の頃からとてもとても好きな曲です。しんみりします。もう昔の声が出ないPhil Collinsが哀しい。



MJ – This is it!
November 3, 2009, 2:17 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , , ,

やっと映画を見てきました。土曜日に予約していたチケットは、買い物疲れて寝てしまい、勿体なかった。。。
TOHO六本木の一番大きい7番スクリーンは、連日全く隙間がないほど一杯です。映画館で見るなら、絶対ベストな環境。ほんとうに見て良かったです。

たしかにここ暫くマイケルの曲を聴いていませんでしたが、やっぱり好きなんですね。小さい頃病院のベッドの上で、ラジオから流れてくるBeat Itに心奪われました。当時ほとんど動けず個室で半分寝て過ごしていた私には、どこか遠くの世界からすごいエネルギーが電波に乗って届いたような気がしました。
初めてマイケルを見たのは、小学校4年くらいのグラミー賞の授賞式。あまりの格好良さにテレビにかじりつきました。すごかったなあ。
今回のこの映画、ただのメイキングかと思ったら大間違いでした。リハーサルなのに、音楽も歌も踊りも全部全力投球です。テープ流しながら振り付けの練習とかしているようなものだと想像していました。マイケルは喉の調子を気にしながらも、所々我を忘れて熱唱。50歳とは思えない、全く衰えていない歌声と動きに驚嘆しました。本当に才能あったんだなあ。完璧主義者で、すごい細かい指示をバンドにしていました。あれだけ大勢の人を動かして一流のショーを組み立てて行く様は、やっぱりKing of Popという感じ。コンサート観たかったなあ。。。
映画はダンサーたちのコメントから始まり、マイケルの姿が出てきたときには思わず泣いてしまいました。あ〜マスカラが落ちる。。。とか思いながらも涙が止まらなくて、マイケルがもう居ないこの世というものを想い寂しくなりました。



The Beatles
December 16, 2008, 1:59 am
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , ,

I listen to their music ever so often, and I always struck by the music’s ingenuity… Today’s songs were I’ll be Back and Oh Darling!  Glad that I was born in the world after the Beatles.

There was a Beatles band that used to play at the Cavern Club in Roppongi, called Silver Beats, my so huge favorite.  I am still heartbroken that the band had broken up just this past August.  The “John” really looked like John Lennon and/but really handsome, but I suspect he was the reason of their breakup.  He was so popular that he probably mistook himself as the center of everything.  Of course I was his fan, but I wanted to see the BAND rather than himself alone.  I am still thinking if I want to go back to Cavern again… I think I will, but not too sure right now.