Sparkles United


Becoming Jane
February 21, 2010, 10:01 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

去年は会員になっておきながらほとんど行かなかったギンレイシネマ。結局更新をしたので、今年はせめてモトは取るぞと誓いました。そして同僚と先週上映していた「ジェーン・オースティン 秘められた恋」を観に行きました(原題のままのほうがよかった)。

生涯独身を通し、6つの珠玉の小説を残しながら41歳の若さで没したジェーン・オースティン。今でも全く色あせない恋愛小説、そして人間ドラマのクラシックを書いた人物である以上、よほどのユニークな家族に囲まれて育ったか、大恋愛をしたに違いないと思っていましたが、本当にその通り。すごく切ない恋でした。

一方で、いわゆるキャリアウーマンのハシリでもあったんですね。自分の能力に自信を持っていたからこそ、幸せになれない結婚にはNoと言ったのだと思います。一緒に観に行った方が「どうしてあのお金持ちじゃ駄目なのか理解できない(笑)」と仰っていましたが、もし資産家と結婚していて優雅な生活をしていたら、今頃彼女の小説は残っていなかったんじゃないかな。

正直言って主役はアン・ハサウェイじゃないほうが良かった。。。決して演技が下手だとは思わないんだけど、アメリカ人だし、顔立ちがエキゾチックすぎるし、やっぱりちょっと違う。一方、トム・ルフロイ(恋人役)を演じたジョン・マカヴォイは最高でした。知的だけど生活力がなさそうで、なにか陰がある感じ。とはいえ、ジョンはここ数年のなかで一番注目している俳優の一人なので、少し贔屓目があるかも。

それ以前のキャリアがどうだったかは知らないのですが、最初にわたしがこの俳優をrecognizeしたのはナルニアの一作目。おそらく大勢の女の子がルーシー・ペベンシーの目を通してタムナスさんに恋をしたと思います。頼りなさそうで暖かい、微妙な奇妙さがとても印象深い役でした。それ以来、Wantedだとかペネロピだとか、なんだかんだ言って彼の出演作を全部見ているかも。昨日も「つぐない」を見直してみました。切なかった。

ジェーン・オースティンに話を戻すと、わたしはまだ3作(高慢と偏見、Sense & Sensibility、エマ)しか読んだことがないので、本棚に眠っているPersuasionを次なるターゲットにしたいと思います。



The Lovely Bones and My Sunday
February 1, 2010, 12:08 am
Filed under: Books, Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

The Lovely Bones

Steven Spielberg and Peter Jackson and a bestseller novel.  What more can you expect in one film?  I had been so looking forward to this film, and I went to watch it this afternoon.  It’s one of the films I wanted to go with a company, but I had no one and I really wanted to watch it today.  It was beautiful, wonderful and touching.

The story is about a 14-year-old girl, who was happily in love with her classmate, who lived with a still-very-much-in-love parents and 2 siblings.  One evening in December she was murdered by a psycho killer in her neighborhood.  She gets stuck in a place between here and the heaven.  Her family struggles to cope with her death and is falling apart.

The scenes in this world were so very realistic, the in-betweens very dreamy and inconsistent, and extremely imaginative. I thought I would cut back some heaven scenes for they sometimes gets a bit dragging, but overall, the story is great and I love the camerawork.  I highly recommend it.

My Sunday

The rest of my Sunday was interesting.

I washed about 15 pairs of socks. (remember, I started wearing multiple layers of socks a week ago.)

I heard a sound of cello over the phone

My favorite sushi box at a neighborhood deli got a 30%-off tag right in front of my eye (yey!)

My stomach got over the pain from yesterday’s biopsy.

I went to my favorite select shop and found a super-cute dress and a lovely top at half price.

And there was something weird happened when I was shopping.

There was a tall but not-so-good-looking guy coming right behind me, when I was browsing through stacks of clothes and displays.  He was so right behind me, I was uncomfortable and looked at his direction.  I swear he looked at me then, too.  Well, perhaps he was just coming towards the same general direction.  OK.  So I moved on.

Then I was just looking at a beautiful rose-color jacket and thinking if the color goes well with my skin, someone talked me from right behind me, “that looks so old-lady-like”.  What?!  It was that guy.  Somehow he was standing 5 inches from me, looking at this jacket.

OK, I am not a 20 years old student, I think I can handle the jacket alright, thank you very much.  Besides, it’s none of his business!  This time, I looked at him directly in his eyes.  He ran away so quickly that I wasn’t even able to see what expression he had on his face.  I am sure he went back to his girlfriend, whoever it was, and left the shop instantly, for I did not see him again.

SO WHAT WAS HE, following my head or my shoulder bag?  I can tell you, he will break up with his girlfriend before the cherry blossom.

I don’t know why I feel so disgusted by this guy – I wasn’t even thinking about buying that jacket, so it’s not about what he said.  (Japanese size jackets do not fit me at all.  They are either too wide around the waist or too tight around the chest.)  But I think he was my least favorite kind.  My judgement of people is often quite accurate, I think.  He seemed to be a kind of guy who complains about his wife’s cooking at every dinner, or complains about his wife to his mom.  And he’s probably a type of people who are always so mean to customer service reps beyond the level of necessity.  He probably blame people so much that whenever his girlfriends dump him, he wants to demand financial compensations for his wasted time.  I hate these people.

Gosh, I don’t know what I am doing.  My Sunday was pretty fun and good.  This small incident didn’t spoil it.

Anyway, below are books I saw at the book store. (Found interesting, didn’t buy.)

Left is a collection of works by a famous Japanese poet, Shuntaro Tanigawa.

On the right is a book about Caravaggio.



Upper East Side and Barcelona (& Baltimore?)
January 24, 2010, 1:40 am
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: ,

Unintentionally, I happened to rent three(!) Scarlet Johanson films this week.  All were pretty good, as it turned out.

The Nanny Diaries

The Japanese title of this film is like ” Why I got so mad at the teddy bear” which is to the point, but kind of ridiculous as a movie title.  So I had very little expectation.  But I enjoyed it!  The plot was good, Laura Linny was brilliant, and Alicia Keys was very beautiful.  But what I liked about this film the most was the costume!  All the clothes were pretty and inspiring.  I tried to learn more about the costume designers, but it seems that they did not use anything special, they just picked up cute things from French Connection and other fast fashion brands, designers brands, and some second hand shops.

日本語では「わたしがクマにキレた理由」などといいう変なタイトルがついていたため、Nanny Diariesが原作の映画だと見始めるまで気がつきませんでした。とはいえ原作も読もうと思ったことはなかったのですが、これが意外と面白かった。話はもちろん、ローラ・リニー(すごく色々な映画に出ている演技派の俳優です)が良かったし、アリシア・キーズが美しかった!でもなにより、衣装がすごく可愛くて参考になりました。ネットでコスチュームデザイナーを調べてみたけど特別なものは使っていなくて、普通にファストファッションやデザイナーズブランド、古着屋さんなどで集めて来たものらしいです。

ストーリーは、大学出たてで何をしたらいいか迷っている女の子が何となくマンハッタンのお金持ちの家の乳母になり、ひと夏苦労をしながら自分を発見するという、まあ普通のお話です。

Vicky, Christina, Barcelona

I heard so many good things about this film, so I wanted to watch it for a long time.  I love it!

There are these two American tourists to Barcelona, who fall into strange relationships with an local artist and his crazy beautiful wife.  Well, the story itself was intriguing and interesting enough, but I loved it because the film is just beautiful.  All scenes are colorful and airy and nostalgic.  I’ve been to the city twice, and I just love the atmosphere.  I love the look and feel of the film, more than the story itself.

それでも恋するバルセロナは観た人が皆すごくいいと言っていたので、DVDが出るのを楽しみにしていた作品です。うん、良かったです。でもわたしはストーリーそのものより、バルセロナの景色や空気の感じ、色の土っぽい感じが好きです。バルセロナは2回訪れたお気に入り(強盗にあってもなお、)で、映像を見ているだけで「ほんわか」した気持ちになります。

He’s Not That Into You

I did not care to know who were in the film, and I did not mean to watch this one, it’s just a few of my friends mentioned it, so I was intrigued.  This film is about many styles of love stories between 4, 5 or more couples who directly and indirectly know one another.  All relationships are imperfect, and the characters struggles some to try to get out, some to try to get deeper into it.  In the end, not all relationships took happy courses, but some were really nice and touching.  Good film, overall.

意図せず選んでしまったスカーレット・ヨハンソン出演作の3つ目は「そんな彼なら捨てちゃえば?」です。これも日本語のタイトルがイマイチ。観るつもりはなかったのですが、やはり友人が良かったと言っていた気がしたので。

様々な恋愛が絡み合うオムニバスですが、ストーリーとしてはこの3本のなかで一番好きかな。全部がうまく行く恋ではないですが、ほろりとする良い話もあって、観て良かったと思いました。それにしても、恋する男性というものをもう暫く見かけていない気がします。日本では絶滅危惧種なのかな。



In the Land of Women
December 12, 2009, 11:55 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , ,

先日ツタヤをふらふらしていて気になった映画。In the Land of Womenです。Twilightシリーズのクリステン・スチワートとメグ・ライアンが母娘役で出ています。ここ暫くで見た映画のなかでは、かなり良かったです。

彼女に振られたカーターはLAをあとにして、死にそうだという祖母の世話をするためにミシガンにやってきます。祖母の家の向かいに住んでいるのが、メグ・ライアン扮する一見普通の家庭の主婦。ティーンエイジャーの娘と浮気をしている夫がいます。話全体は普通の、どこにでもありそうな筋なんだけど、登場人物同士の会話がとても良く練られていて、なんか見ているうちに癒される感じがします。人間が生きていくうえでの不安、混乱、コンフリクト、そういったものについて本音で話し、ほぐれていく感じ。

とてもおすすめです。

ちなみに、なんで一日にこんなにブログを更新しているかというと、平日仕事中に思いついたことをブログにメモしているからです。最近色々と本を読んだりしているせいか、思考が止まらなくてオーバーフローしている分をどこかに書き留めなきゃ、という思いに駆られています。ちょっと疲れます。



スラムドッグ☆ミリオネア
December 12, 2009, 11:43 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , , ,

普通のハッピーなシンデレラストーリーを期待していたのですが、it was so much more than what I had expected. インドの現実や子供の置かれている状況や逞しさが、思っていたものと全然違いました。ところどころ結構ヘビーでした。世の中の見方が変わるといった意味で、斬新でGround Breakingな映画だと思います。

インド等に旅行に行く人は是非見たほうがいいと思います。どういうところで何を盗まれそうか、予習になりそうです。。。靴やタイヤまで盗られるのか。。。と思ったら、私は絶対にインドには行けないと思いました。



New Moon
November 30, 2009, 5:33 pm
Filed under: Books, Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , , ,

I had been waiting for the movie to come out for so long… yet in the original story the 2nd book New Moon is the weakest of the 4, so my expectation was not too high. It turned out to be that the movie was so so much better than the book. It was actually quite pretty good. Can’t wait for the DVD to come out.

待ちに待ったNew Moon、同じくTwilightファンの友人と初日に観にいきました。アメリカでは社会現象になるほど人気があるこのシリーズですが、六本木の映画館では一番小さいシアターで、しかも初日なのに2/3埋まっているくらい。この本や映画の日本でのキャンペーンがあまりにも下手な感じがします。また今回も外人比率が非常に高く(8割くらい?)、ティーンエイジャー比率も高かった。
原作の2作目は、主人公が落ち込んでいる部分が余りにも長くかなり退屈、4巻のなかでも一番イマイチな本なのですが、映画は正直1作目より良かった。っていうか、すご~く面白かったです。映像へのこだわり、脚本、編集、すべての点でかなり完成度が高い仕上がりでした。監督がかなりいい。ライラの羅針盤、About A Boyなど監督しているようです。
惜しむらくは、最初と最後に少しだけ出てくるエドワード(ヒーロー)がちょっと青白く(バンパイアの役だから当然だけど)、ちょっとゴーストがかっていて、恋敵のほうがよっぽど逞しくて温かくて素敵だったことです。。。ありえない。。。
以前にも書きましたが、どうも前世で何かあったとしか思えない。アラスカ、カナダやアメリカの北西のほうの映像を見ると、呼ばれているような気がしてしかたがないのです。気もそぞろになります。



MJ – This is it!
November 3, 2009, 2:17 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , , , ,

やっと映画を見てきました。土曜日に予約していたチケットは、買い物疲れて寝てしまい、勿体なかった。。。
TOHO六本木の一番大きい7番スクリーンは、連日全く隙間がないほど一杯です。映画館で見るなら、絶対ベストな環境。ほんとうに見て良かったです。

たしかにここ暫くマイケルの曲を聴いていませんでしたが、やっぱり好きなんですね。小さい頃病院のベッドの上で、ラジオから流れてくるBeat Itに心奪われました。当時ほとんど動けず個室で半分寝て過ごしていた私には、どこか遠くの世界からすごいエネルギーが電波に乗って届いたような気がしました。
初めてマイケルを見たのは、小学校4年くらいのグラミー賞の授賞式。あまりの格好良さにテレビにかじりつきました。すごかったなあ。
今回のこの映画、ただのメイキングかと思ったら大間違いでした。リハーサルなのに、音楽も歌も踊りも全部全力投球です。テープ流しながら振り付けの練習とかしているようなものだと想像していました。マイケルは喉の調子を気にしながらも、所々我を忘れて熱唱。50歳とは思えない、全く衰えていない歌声と動きに驚嘆しました。本当に才能あったんだなあ。完璧主義者で、すごい細かい指示をバンドにしていました。あれだけ大勢の人を動かして一流のショーを組み立てて行く様は、やっぱりKing of Popという感じ。コンサート観たかったなあ。。。
映画はダンサーたちのコメントから始まり、マイケルの姿が出てきたときには思わず泣いてしまいました。あ〜マスカラが落ちる。。。とか思いながらも涙が止まらなくて、マイケルがもう居ないこの世というものを想い寂しくなりました。