Sparkles United


電子書籍の衝撃
May 10, 2010, 6:35 pm
Filed under: Books, Diary, Thought

電子書籍の衝撃という話題の本を読み終わりました。最初はちょろちょろという出だしだったものの、途中からとても面白く、一気に読めました。Amazonでは「推測に過ぎない」だとか「リサーチ不足」といった厳しいレビューコメントもありますが、単なるデバイス周りの話題にとどまらない、構造的な話が非常に参考になりました。

そのうちのひとつは、取次と出版社との関係の歴史的背景です。海外とは大分違うのだろうな、とは思っていたのですが、ここまで硬直化しているとは。以前勤めていた出版社は取次も通していましたが、どちらかというと定期購読が多く、売り上げに関係なく好きなものを作るようなところだったので(というか、スタッフには売り上げが知らされていなかったという衝撃の事実。。。いかに安月給かを隠すために違いない)、あまり考えたことがありませんでした。

もうひとつの収穫は、出版社と著作者との間に契約書が交わされていないことが多い、ということ。権利関係がハッキリしないため、90年代に打ち上げられた電子書籍コンソーシアムも失敗したんだとか。

加えて、KindleとNookを両方使ってみて比較している人の意見は初めてだったので参考になりました。どうも現時点で既にBarnes&NobleのほうがeBook点数が多いようなので、使い勝手もNookが良いとなると、どうなんでしょう。

また、コンテンツビジネスについて日ごろ考えていたことと重なる意見が多くて、自分の推測を他人の目から検証できたという意味でも面白く読みました。

個人攻撃が多いような気もしますが、わたしは攻撃されている側ではないので、むしろスカッとしました。出版業界にいらっしゃる方にとっては、厳しい意見が多いかもしれません。

ひとつ多少意見が異なる点は、「編集」という作業の重要性です。著者は最終的には「ソーシャルメディアで自分と同じようなテイストのレビューアー(やマイクロインフルエンサー)が編集という作業を代替する」といった趣旨のことが書かれていますが、半分本当で半分は大げさかな。個人がダイレクトに発信できる時代だからこそ、(1)質の低いものの中から宝石を掬い上げる、(2)編集という作業を通して質を保証する、という機能が益々大事になってきて、(1)はソーシャルメディアで代替できるかもしれませんが、(2)は難しいと思います。

これ一冊で世の中すべてが分かるとは思いませんが、Food for Thoughtとしておススメです。

Advertisements


Kindle Experience without Kindle
May 10, 2010, 5:52 pm
Filed under: Books, Diary, Thought

I wanted to briefly update my readers about my recent e-book experience.  I have successfully completed my reading of 4 Kindle books, 2 of which are within a week, on my Macbook (named Alain in a french way) and iPhone (still hasn’t been named).

Let me tell you this very clearly: don’t do it.  It will kill your eyes, then your shoulders, then your head.  No, I don’t want to read my books, newspapers, nor magazines on computer/cell phone/ iPad screens.  Period.

奇しくもiPadの発売日決定と予約注文開始のメールを受け取った今日にこんなことを書くのもなんですが、iPhoneとMacbookのKindleでeBookを数冊読み終わった感想。絶対二度とやらない!これは失明の第一歩だと実感しました。やっぱり紙の本がいいです。それか、本物のKindle/Nook。iPadはそのうちeインクになるのではないかという話もあるそうですが、そうならない限り、書籍の代替は厳しいんじゃないかな。。。。持ち歩けるメディアプレーヤーという使い方はいいと思いますけど。



The Host
April 27, 2010, 11:44 pm
Filed under: Books, Diary | Tags: , ,

The Host by Stephanie Meyer

It was actually far better than I had expected… although the setting and details were a bit illogical if you think about them, but the kind of difference between human race and the aliens made sense and gave me a lot of food for thought.  Also, Jared was really great.  Made me miss being in love.

The book was also my first Kindle on iPhone project – so I thought I might record it.

ステファニー・メイヤーの比較的新しい作品、ホストを読み終わりました。正直全然期待していなかったのですが、面白かった!トワイライトがどちらかというとライトノベルというレベルなのに対し、こちらはかなり読みごたえありました。人間が寄生エイリアンに身体を乗っ取られるなかで抵抗を続けて隠れて暮らす人々をメインにした恋愛小説なんだけど、細かい設定に陳腐さがあるものの、人間の心理や追いつめられた時の行動について、自分が理解できないものを人間がどう扱うかについて、色々と考えさせられる内容でした。主人公の恋人役ジャレドもステキでした。こんな人いないだろうけど。

Kindle for iPhoneで読んだ第一作だったので一応記録しておきました。



考える人
April 18, 2010, 11:56 pm
Filed under: Books, Diary, Thought

新潮社をちょうど見直したところ。

「考える人」という雑誌の「はじめて聖書を読む」という特集を読んでいます。昨日から結構読んでいるけどまだ特集さえ読み終わらない。かなり読み応えあります。でもそんなことより、本当にすごく面白い特集です。すごい。

作家、文化人、そして聖書研究者や宗教学者の聖書との付き合いかたや論点など。子供の頃に新約旧約の聖書物語なら読んだことがあったけど、聖書そのものはまだ。もし学生のころにこの特集を読んでいたら、宗教学に進んでいたかもしれません。そもそも、法学部に行ったのも法律を通して国や文化や思想の違いが学べるのではないかと思ったからだし(そして、法律そのものは詰まらなかった。。。)。聖書について知り、古代の人たちの考え方に触れるにつけ、本当に違う世の中だなあと思います。人間は違う立場、文化、文脈にある相手のことを理解することができるのか。相当な努力が必要だと言うことは分かります。

田川建三先生のアフリカ時代の話など、本当に面白かった。大学を出てから触れた歴史に関する文書のなかで、これが一番心を動かされたかも。

考える人 2010年 05月号



ハルキ
April 16, 2010, 4:45 pm
Filed under: Books, Diary, Thought

最近ブログをサボっています。どうも済みません。

本当にどうでも良い話なのですが、わたしは村上春樹が嫌いです。って以前にもブログに書いた気がします。でもそれ程興味が持てない作家が他にもいないわけではなく、別にどうってことも無いのですが、これだけ話題になっている(ように見える)と、「なんでなの?わたしは嫌いなのに?」と思わざるを得ないんですね。

海外の友達と話すと、日本人の文化人ということで大抵「村上春樹は読んだことがある」という流れになります。大抵の場合、とても良かったということを言われます。普通はそこで終わりなのですが、最近来日した友人に「なぜ嫌いなのか?もう一度読んでみたらどうか?」と散々突っ込まれました。流石にそこまで言われて、その良さが分からない自分に非があるのかと思ってしまったりします。

「村上春樹が嫌い」とGoogleで検索すると、同じような意見の方がそれは沢山出てきて、ある新聞の調査結果を引用している方によると、回答者のうちほぼ50%が作品を読んだことがあって、そのうち半分は「嫌い」と答えているとのこと。意外と多いじゃないですか。嫌いな理由はそれほどハッキリとはしていませんが、要約すると「中身が無い」。好きな理由は「上手く説明できない」というのが多いようなのが笑えます。傾向的には、普段あまり本(特に小説)を読まない人が村上春樹を読んで「少し知的に感じる」というところなのではないかと思います。(ただ、例外もあるというのが難しいところ)

わたしがひとつ言いたいことは、皆が良いと言っていようが売れていようが、自分が好きか嫌いかは自分で判断して欲しいということです。それを相手に伝えたからといって、相手の人格を否定しているわけではありません。本に限らず、映画でも人でも建築でも同じです。

建築にしても、文学にしても、そして私には良く分からないけど音楽にしても、批評するということは誰にでも出来るものではなくて、非常に難しい作業なのだと思います。批評できるだけのリテラシーを付けることが、義務教育や大学の教養課程の役目だと思う。こういった教育にはやはり、テレビではなくて読書や良い作品に触れて議論すること。こうして、文化が発展するのではないか。とも思うのですが、それは西洋的な文化に限った話なのかもしれません。

ちなみに、ハリーポッターもガルシア・マルケスも、非常な設定において人間の感情や行動はとても人間的であり日常的であり、そこにユーモアやコメディがある、というところに惹かれます。面白いと思う小説は殆どこのパターンです。そして、それが文学というものなのではないかと思うのです。
村上春樹はその間逆な故に、興味が持てないのです。



I am thinking about buying a Nook
April 5, 2010, 11:39 am
Filed under: Books, Diary, Thought

Of course, everyone is looking at iPad now, not at simple eBook readers.  I know.

But I already have my iPhone and I endear it as my best pal.  It seems rather stupid to carry both an iPhone and an iPad around.  Plus, I have a Macbook at home.

It is possible to read ebooks with my iPhone, using Kindle for iPhone application.  But it is tiny, and it is not good for your eyes (liquid crystal screen – same with an iPad).  Also I am starting to realize that Amazon’s Kindle store has a very limited offering, and many items are not available from Asia.

The other day I met a person who loves her Nook.  She said that she chose Nook over Kindle only because she can lend and borrow books between her circle of friends.  I don’t have any friends who has a Nook, but at least her comments validate that it is a very good option.

I kind of love how Kindle looks, actually far better than iPad and Nook.  But the narrow selection of available titles frustrates me.

I don’t know.  eBooks (for the reader tools) are still unavailable in Japan.  It feels like the Japanese publishing industry is 5 years behind.  I really hate that.



今週のわたし
March 1, 2010, 6:48 pm
Filed under: Books, Diary

週末にブログを更新する時間と余裕が無かったせいか(だと思う)、妹から電話まで貰ってしまいました。普通に元気にやっています。この週末は色々と新しいことを始めたりと(囲碁とか、囲碁とか、新しい編み物プロジェクトとか)忙しく、気が付くと日曜夜も深夜1時といった感じでした。おかげで(そのために囲碁の懇親会も行かず直帰したのに)竜馬伝もアメリカン・アイドルも殆ど内容の記憶が無く、読みかけの本→囲碁の本→囲碁のマンガ→編み物→片付け、を目まぐるしく回転していました。

色々と本も読みかけだし、やりたいことが沢山あるのに、いまひとつ捗らない一週間でした。毎日残業をしてしまったり、ランチもディナーも外食だったりで、慌しかった。なので、先週紹介した本はまだ全部読み掛けです。にもかかわらず、読みかけ本がさらに増加。

座右のゲーテ 斉藤孝

友人に「座右のニーチェ」を薦められ、早速本屋さんで発見!と思ったら、手に取ったのはニーチェではなくゲーテでした。まあいいか、とゲーテを購入。これがすごく面白い。自分と考え方が必ずしも同じではないところが、また肥やしになる感じがします。ニーチェはその友人がプレゼントしてくれました。ということで、早くこれを読み終わりたい(そして薄い本だから直ぐ読めるはず)。また感想は改めて。

万波佳奈の囲碁入門

昨日ご指導いただいた先生の本です。読みやすく、分かりやすい。頑張ります。

聖書(こてこて大阪弁訳)

これも頂きました(笑) キリスト教会、もしかしたらバチカンからクレームが来るかもしれない解説振りが、大変面白うございます。

ちなみに、というか全く話題変わりますが、今日は朝からどうも気が乗りません。デスクランプの電球が切れたり(そして、私のデスクはかなり暗い)、上司に責任転嫁されたり、総務部の懲りない間違いに頭が痛くなったり。。。大きい会社って、どうも性に合いません。。。仕事も色々な理由から、いまひとつ進みません。これはバケーションの取り時でしょうか?