Sparkles United


Chris Douridas
December 8, 2009, 3:03 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment | Tags: , ,

Oh, how I love his voice!  (English text below)

ネットラジオを聴き始めたのも、KCRW(サンタモニカのインディペンデントラジオ局)に辿り着いたのも、今聞いている色々なアーティストに出会ったのもChris Douridasからです。

Chrisはダラス出身、DJや音楽番組ホストをやりながら音楽にまつわるプロデュースを様々手がけ、「Taste Maker」と紹介されている人物。映画のサントラの監修、ラジオ局の音楽プロデューサー、AOLがネットラジオ事業を立ち上げたときの立役者(そして看板番組のDJ)、そして極めつけは、AOLのあとSteve Jobsに雇われてiTunesの立ち上げ時のいわゆるプロデューサー的役割を果たした人らしいです。(Wikipediaによる)

しかしなんといっても、長年看板DJ兼プロデューサーを勤めたKCRW。さっきも久しぶりにTune Inしたらいきなり偶然Chrisの番組をやっていて、その声の良さにしびれてしまったのでした。天職でしょう。しばらくラジオから遠ざかっていたようだったのですが、最近また結構番組を持っているみたいね。何が凄いって、やっぱりその音楽のテイストです。もう時代に揉まれた過去の名曲ではなく、全く無名のアーティストをピックアップしてプッシュするちから。

Sessions@AOLは実にいい番組でした。まだそれほど有名じゃなかったIndia Arie やAlicia Keysなどをスタジオに招いての生演奏、しかも他の人のカバーなどをギター片手に歌ったりして、珠玉の、本当にもう一度聴きたい放送ばかり。うん、もう一度聴きたい。気に入った放送があるとひたすら繰り返し、10回でも15回でも聴いた回もありました。

90年代にはテレビでライブ番組もやっていたらしく、DVDが出ています。今ちょっと気になっています。

Photo of Chris Douridas, from Dallas Observer

今はもっとオジサンです。でも声は変わらない。

インターネットが出てきて何でも人気ランキングにされてしまう時代ですが、いま私が注目しているのは、あるテイストを持った個人の熱意がこもったセレクション、プロデューサー力です。今この瞬間に人気があるものが良いとは限らないと、ますますそういう気がしています。

He is the reason I started listening to the Internet Radio, how I found KCRW, and how I discovered many of my favorite musicians.

Chris Douridas is from Dallas, a famous DJ and program host, a music producer behind many award-winning soundtracks, and helped setting up AOL’s web radio project and had run a popular program called Sessions@AOL.  Later on, Steve Jobs hired him to set up the iTunes business, and he acted as a music producer there, too. (From Wikipedia)

But above all, I love his shows at KCRW.  Today for the first time in several months, I tuned in on KCRW and the first thing I heard was his voice.  Some people can find their “profession” and Chris is one of them.  He not only has the voice, but the divine taste of recognizing the up-and-coming talents.

Sessions@AOL was such a wonderful program.  I remember India.Arie or Alicia Keys appeared on the show soon after they had first released their albums, and played live at the studio, with just a guitar or a piano and a vocal.  Those were so powerful.  I really want to listen to those shows again.  Very much.

These days we can see “top 10″s of everything, top 10 articles, top 10 movies, top 10 albums.  But I am more interested in the eclectic selection by someone with a taste and excellent producership.  Directionally, I think that’s the way to go.  Are those rankings really the result of the “wisdom of crowds”?  I think not.


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: