Sparkles United


Des Chapeaux
June 21, 2009, 8:16 am
Filed under: Diary

帽子と出会いました。被ったまま寝たい感じ。

麻布十番には、それはオシャレな帽子屋さんがあります。最近色んなところに帽子の専門店ができて超高い帽子を売ってますが、そんなのとは訳がちがう。ごく小さい、とても目立たない店構え。でも、置いてある帽子はホント素敵なのです。殆どは手頃な値段で、日常から帽子を楽しんで欲しい、そんなポリシーを持っているような商店街の老舗です。その名も「とらや」さん。
以前から気になっていて、通り掛かるたびウィンドウに鼻をくっつけるように覗いていたのですが、今日初めて勇気を持って中へ。ランチに飲んだシャンパンで気が大きくなっていたのかも知れません。いえ、そうじゃなくて、MPが傘を差さずにレインジャケットと帽子だけで来ていたのを見たから。それで十番に戻って来たらベレーをステキに被っている女の子がいて、帽子の日になってしまったのです。
予想どおり、狭い店内は帽子で一杯。パリで入った手袋専門店に雰囲気が似ている気がしました。パリでその日に買った靴に合わせて手袋を買いたいとお願いしたら、お店の奥から出てくる出てくる、ボルドーの皮のエレガントな手袋。その店を思い出しました。お店の女主人はやはり帽子をこなれた被りかたで頭にちょこんと載せていて、客というよりはお茶を飲みに来たゲストのように迎えてくれました。
お店に入って最初に目についた黒いキャスケット。麻が入った一見麦藁のような帽子で横に大きなリボンがついている、シックなデザインです。被ってみたらピッタリ。そしてすごくステキ!なにより驚いたのは、女主人に被せてもらうと何故か違うのです。被りかたも一つじゃなくて、脇に寄せてみたり前を深くしてみたり、流石帽子のプロという感じ。
これまで麦わら帽子やベレーなど色々買ってはみたけど中々被り慣れず、クローゼットに放置されて来た帽子たち。考えてみたら、必要だから麦わら帽子は買うし、映画の主人公を真似てハンチングなどを買ってはみたけれど、自分に似合う帽子をプロに選んでもらったのは初めて。
他にも色々被ってみたのですが、結局最初に一目惚れしたキャスケットを買いました。
何がスゴいって、普通のユニクロワンピースでも帽子を被るだけでパリの街並を歩く感じに変身することです。しかも、本当に雨が降ってても今日くらいの小雨なら全然ヘッチャラ。水滴が逆に気持ちいいくらいです。
帽子を被るのが板につくまで暫くかかりそうですが、休日の楽しみが増えました。ステキ。



Elliot Yaminサイコー
June 19, 2009, 3:09 pm
Filed under: Diary, Movies & Entertainment

I’ve been to many concerts and lives, but this one was one of the best I’d ever been to!!! I LOVE ELIOT!!!!!

ハプニングでなんと2ステージ観ることになってしまったのですが、逆に正解でした。ビルボード東京の大きさも丁度良く、観客もスゴい盛り上がってて楽しかった。それにしても、歌が上手い!!!
ちなみにエリオット・ヤミンはアメリカンアイドルで数年前に3位になったシンガーです。半端じゃないです。次回来日したら、また2ステージ観ようかと思います。



Why
June 18, 2009, 5:42 am
Filed under: Diary

Why people keep asking me what I am going to do for summer vacation? I don’t like summer. Or, I should say, I don’t like summer in Japan. The word “summer” doesn’t bring me any pleasant feelings nor nostalgia.
Maybe, this year, I should go to Italy or perhaps to le nord. Or perhaps to New Zealand to enjoy their winter.



Random
June 18, 2009, 5:36 am
Filed under: Diary, Quote

かのWhole Earth Catalogというものがどんなものなのか、見てみたいという気持ちが盛り上がっている。というか、恐らく本そのものよりも、本の描くライフスタイルというものに憧れているのだと思う。

非凡な人物の定義とは、どんなにか希望がないと思われる状態でも希望を持ち続ける人
孔子

“Do you want to spend the rest of your life selling sugared water or do you want a chance to change the world?”
— The line he used to lure John Sculley as Apple’s CEO, according to Odyssey: Pepsi to Apple, by John Sculley and John Byrne



June
June 15, 2009, 12:58 pm
Filed under: Books, Diary, Movies & Entertainment, Thought


ようやく雨が降り始めた。

週末、映画の天使と悪魔を見てしまった。本はまだ途中。非常にもったいないことをした。明らかに本で読んだ方がよかった。ただ、ローマのロケはスゴいので、映画も一見の価値あり。

自転車で銀座に行った。目的はブルックスブラザーズのセール。確かにセール会場って玉石混在しているけれど、こんな質のいいものの中からわざわざセンスの悪いものを選ぶ人がいるものだ。
H&Mは相変わらず大混雑、あんな中で買い物が出来る人が信じられない。3000円余計に払っても、空いているZARAやバナリパで買い物する方を選ぶ。
自転車はまだ捜索中。ますます欲しい。

Esquireが休刊と聞いて、ツタヤに行ったらバックナンバーが沢山並んでいたので大人買い。加えて、久々にとても大事にしたくなる本を見つけた。いつか読み終わったら紹介するつもり。
それにしても、わたしがPenの次に愛する雑誌がそんなにマイナーだったとは。広告が2つしか入らないa+uだってちゃんと利益出ていたのに、Esquireは何で休刊になったんだろう。

デカプリオのWorld of Liesを見た。結構つまらなかった。

最近悟ったこと。自分の欲しい生活は東京では手に入らないということ。
麻布がいいとか広尾がいいとか世田谷がいいとか、そんなセセコマしいレベルの問題ではない。東京は美しくない。

今学期最後のフランス語の授業に初めて参加した。みんな微妙に髪型が変わっていた。先生の話す内容は分かるのに、教科書はさっぱり分からない。このままだと完全に落ちこぼれる気がした。

アメリカン・アイドルが終わってしまった。最終回、アコースティック系のクリスが優勝したけど、明らかにグラムロックのアダムの方が上手い。二人でQueenの曲をデュエットしたら、Queenのメンバーが目を見張るほど声が出るアダムに対して、クリスは全然声が出ていなかった。アメリカ人ってやっぱり保守的で、爪を黒く塗っているような若者を選ぶくらいなら平凡がいい、ということなのかな。



また
June 7, 2009, 12:39 pm
Filed under: Diary

風邪を引いてしまいました。今回は展開が早くて、喉が痛いと思ったら次の日は本当に具合悪くて、一日中寝てました。オレンジジュースが飲みたかったんだけど買いに行けず。。。 でも今日は頭がぐるぐるするのと鼻と耳が変な以外は、喉や熱は収まった感じ。
アメリカンアイドルが終わったら、ワインでも飲んで寝よう。