Sparkles United


和田浩子さん
November 26, 2008, 5:22 am
Filed under: Books | Tags: ,

この週末に読んだ本はこれです。
P&G式 世界が欲しがる人材の育て方―日本人初のヴァイスプレジデ ントはこうして生まれた
外資系だし私も一応マーケティングチームの一員なので、なにか参考になることがあるかなと思って手に取りました。
「人材の育て方」というタイトルの割りには自伝のような内容で、なんかちょっと違ったかな・・・と思いつつも、非常に読みやすかったことと和田さんの仕事振りが面白く、なんだかんだ言ってあっという間に読了。
それに加え、やはり自分の仕事にも参考になる一言があちこちに散りばめられていました。
「いつまでもいると思うな親と上司」なんて日ごろ強く感じているところです。「リーダーとはポジションではなくビヘイビアである」、メモの取り方、部下への仕事の任せ方、こまごまとしたところで自分の仕事にも活かせそうなアドバイスがありました。
業績の良いときも悪いときも会社を引っ張って日本のオペレーションをここまで大きくした和田さんの仕事ぶりからは、みんなそれぞれ学び取れることがあるのではないかと思います。人材育成のハウツーではなく、仕事人としてのフィロソフィが学べる本です。

ちなみに、いま読み始めたのはこの2冊。
建築家安藤忠雄
Brunelleschi’s Dome: How a Renaissance Genius Reinvented Architecture
何故か2冊とも建築の本です。なんでだろう。



美学と実利
November 26, 2008, 5:05 am
Filed under: Books | Tags: ,

最近意外と本を読んでいます。こつこつと。
編み物もピアノもあるので忙しいですが、恐らくフランス語が犠牲になっている感じがします。
読んだ本はこれ。
美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史
いつも面白い本の情報交換をしている友人に勧められて買ってはいたのですが、本棚で「早く読んでくれ~」とアピールし続けていた一冊。面白かった!
ソニー対任天堂、というようなタイトルですが、任天堂については殆ど出てきません。ソニーのプレステ開発ルポ、といった感じの内容です。開発にまつわる技術的なことが様々でてきますが(勉強になって面白いです!!!)、メーカーとはどれ位先を見据えて技術開発や商品開発をしたらよいのか、どのような戦略やビジョンをもって技術者や社内を巻き込むのか、その辺りの経営的側面が非常に良く描かれていて参考になりました。
また、夢や情熱を持って仕事をすることの素晴らしさを思い出させてくれた一冊。メーカーにもプレステにも興味がなくても非常にインスパイアされます。とてもお勧めです。



Something that I had forgotten…
November 24, 2008, 1:22 am
Filed under: Diary, Thought

There was a college alumni party on Saturday.  I really would not have gone unless my friends asked me to.

Somehow, I’d never really gotten in touch with those people I was close with during the early days of my college.  I knew most of the girls of my year, and I used to party with my classmates all the time.  None of those survived after graduation.  The only people I still keep in touch are my research group colleagues.

In other words, I really had forgotten how it was to be a fresh and uncertain college girl, amongst the majority of intimidating male students.  My college was still pretty much “male dominant” world.  I was reminded of this fact everytime I went to the bathrooms, which obviously had been converted from guys bathroom, small and uncomfortable.  Girls you saw on campus were 40% from other colleges, and still there were not enough girls to change the atmosphere.

Professors were not that demanding, and students were distracted by so many things going on in their lives.  Those people like me who did not belong to any sport teams, we all felt a bit marginalized and felt being minorities, until we started dating one of “them”.

All these, I had totally, completely forgotten.  Hahaha.

You can perhaps get a sense of it from the photo.  It was ear-hurtingly loud.  And me being at the very back of the crowd, not really interested in what was going on.  See?

You see there are cheer leaders on the stage...

You see there are cheer leaders on the stage...

 

The party was fun.  I was able to re-connect many many girls I used to be close with.  Guys – they’ve  either changed, or I just didn’t know them in the first place.  I may get some photos later on, because one of my friends were taking photos pretty heavily around me :)



My new pal
November 23, 2008, 4:06 pm
Filed under: Diary | Tags:

The new sofa arrived just around noon. My old sofa was with me for more than 3 years, perhaps around 4 years, and so it still feels awkward to have someone (some sofa) else in my room. But I have to tell ya, it already has a very comfortable and satisfying look, sitting in the middle of the tiny room, occupying about 1/5 of the space. Yes, he is my new pal.

My new sofa - IKEA Sater

My new sofa - IKEA Sater



Next Year, Baby
November 21, 2008, 4:17 am
Filed under: Diary, Movies & Entertainment

It’s been a while since the last post. And we are approaching the end of the year.

Now that I can write blog from office, I have been a bit busy these days, with a productive and rewarding project going on in Korea. It feels like I am finally “getting it” and it really excites me.

Apart from my work, I am also pretty occupied these days. For example, I bought a new sofa at IKEA for the pre-opening of their new store in Shin Misato.
My sister works there and she invited me. I’ve found a decent but good looking leather sofa at amazingly low price. All these months I had set my mind to buy one of the fabric sofas – I instantly discarded the idea because the seat depth is not what I was expected (too shallow). I did not want to spend a whole lot of money on something I know I am going to use for a year. But then this leather sofa was perfect. She told me it is a “breath taking item” at IKEA – because it is so low priced. Hahaha. Usually people would think it “breath takingly good looking”, not “cheap”… it is so IKEA.
It’s arriving this Sunday and I am so looking forward to it.

It’s time for a year-end wrap-up. Especially for someone who works for a company that starts their fiscal year from December every year. We just had our year-end team dinner with female colleagues (fun girls night out!).
I found in my schedule diary a note I wrote at the beginning of 2008. It is a sort of a “new year’s resolution”. Amazingly, I completed about 70% of them… of course, those 70% was like “to travel twice” and “practice Piano”, and the remaining 30% was like “take French language exam”… which I totally ignored.. :P
Next year, I really mean to study Chinese. And French, of course. But other than that, my agenda for next year will be pretty much people focused. I think.
And, like my favorite song from Jamie Cullum (Next Year, Baby), I will “spend less money on shoes”…



Red Cliff
November 7, 2008, 12:36 am
Filed under: Books, Movies & Entertainment | Tags: , , ,

日頃からこのブログをチェックしてくれている友人とレッドクリフ、観てきました。(ちゃんとレビュー書いてますよ)

夏前、初めて予告編を見てからずうっと待ちに待った上映。期待通りでした~!!!!

カンフー映画好きだという時点で大分変な目で見られている私ですが、女性が三国志好きってそんなに変かな?わたしはかなりの中国史好きです。歴史も好きだし、子供のころ読んだ三国志 、水滸伝、西遊記などに未だにワクワクします。読んだのは実は岩波の子供向け文庫版(これ
)。普通に読む本だと思っていたので(本当に、純粋に)、周りに殆ど三国志を読んだことがある人がいなくて驚きました(一緒に映画に行った友人と、台湾人の友達のみ)。血が躍るとは将にこのこと、と思うくらい劇的で、しかも詩的な世界です。

恥ずかしながら、友人に言われるまでRed Cliffが赤壁だとは気が付かなかった~。Cliffって崖って単純に覚えていたせいもあるし、Cliffっていったら切り立った崖を上から足が竦みそうになって見下ろしているイメージじゃないですか(・・・私の英語学習はそうやって、すべてイメージで成り立ってるみたい)。確かに下から見上げたら壁だった。。。

映画の出来は大満足。流石John Woo監督。戦闘シーンのアクションがすさまじい。キャストも抜群だし、映像も綺麗だし。
今ではハリウッド映画の監督ばかりしている方ですが、台詞の掛け合いや間の取りかた、流れるようなシーンの撮りかた、詩情の取り入れかた、非常に中国文学らしい出来に仕上がっています。
漢文を読んだり(高校時代の記憶のみ)、中国人の書いた英語のエッセイなどを読んだりしていると、中国語って非常に叙情的で装飾的ですよね。映画を観ていてもそれを感じます。そこが日本映画やアメリカ映画と違ってていいな。

ストーリーは赤壁の戦いだけにフォーカスしています。三国志ってご存知のとおり非常に長くて、3人の武将の若いころから老年(50代)まで、さらに息子たちの世代になってやっとカタが付くんですよね。戦いも一杯あるし、戦っていない時代も一杯あるし、どこかにフォーカスしないと司馬遼太郎の小説のように(NHKの大河ドラマのように)なってしまいます。そういう意味で本作はハリウッド映画らしく「一点集中型」。私は好きだな。

最後に、もうひとつ感心したのは、スタッフが殆ど中国人だということ。SFX(アメリカ)や音響(意外と日本が多かった)以外のクレジットは95%くらい中国人でした。映画産業のレベルがこんなに上がっているということに驚き。当然といえば当然か。