Sparkles United


美人になるメイクの研究♪
March 28, 2007, 9:13 am
Filed under: Thought | Tags: ,

メイクの話をしたいと思います。テクニックの話ではなく、メイクの極意について。

実はわたしは大変なメイク好き。一般に「コスメ・フリーク」という言葉がありますが、それと「メイク好き」は少し違います。勿論コスメも好きですが、私の場合単純に「お絵かき、塗り絵」が好きなのです。
「お絵かき、塗り絵」好きは子供のころからで、塗り絵がしたいがために自分で絵を書いていました。絵が上手いというのにも色々あるかと思うのですが、どちらかというと私の得意分野は「観たままを書く」、もっというと「脳が指令したとおりにタッチを作る」というところです。なんとなく、メイクが上手くなりそうですよね。
それからやはり見た目が凡庸であることがメイク好きになった要因のひとつかと思います。ハッキリ言って美人だったらメイクなんてしないほうが美しいです。メイクは崩れるものなので、崩れたときのリスクを考えたらメイクをしない人のほうが美人でいる確立が圧倒的に高いです。でも私たち凡人はやはりメイクに頼っちゃうわけです。

私の考えるメイクの極意とは、ある意味心構えに近いものです。それはこんな感じです。
1.人間の顔の美しさには定理がある
2.それゆえに、メイクの真髄は没個性にある
3.最終的には平面の美しさとディテールが美醜を決める

もともとメイクをしなくても美しい方々はこの先読んでいただく必要はないかと思います。飛ばして時間の節約をしてください。 Continue reading

Advertisements


文明崩壊
March 25, 2007, 9:11 am
Filed under: Books, Thought | Tags: ,

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)

評価:★★★★

他にも一杯ある読みかけの本と平行して、これも読んでます。やっとモンタナの章を読み終えました。すごく面白いです。素直に思ったことは、これ。

My god, there’s so much to the world than helping troubled companies…
大学生のとき「森と文明」という本を読みました。同じタイトルでいろんな人が著作しているようですが、ジョン・パーリンという人の本です。その後で環境経済専攻に進んだ気がするので、多分2年のときだと思います。
それまで紛争の解決なんかに興味があって国際関係学科に進んだわけですが、国際法とか国際政治とか、いかにも官僚的な制度の勉強ばかりで解決策に一歩も近づいていない感じがイヤになっていたところに、ボスニア紛争に出会いました。
ボスニア紛争は民族や宗教の紛争だと多くの人が知らされていると思うのですが、これは資源をめぐる出口無き紛争だったのです。たまたま指導者にとって便利だった単位が「民族」であっただけ。別にそもそもボスニア人とセルビア人が戦争をするほど憎み合っていた訳ではありません(多分)。戦争をしているうちに、どうしようもない憎みあいの連鎖が生まれてしまっただけ。一番北のスロベニアが、次にクロアチアが「一抜けた」といってEUに加入すべく独立してしまったので、残った地域は益々貧しくなりました。で、工業地域がなくなって何で食べていこうと思ったときに、農業に適した土地がかなり少ないことに気が付きました。豊かな土地をめぐって戦争を始めました。
国連が軍隊を送ったり条約を作ったりいくら頑張ってみても、結局は経済、それを支える環境、そして環境を支える私たちの生活パターンや都市のあり方が問題だな、と思いました。といって環境政策や都市計画を勉強してみて、法律やReinforcementも大事だということに気付かされるわけですが・・・
ともあれ、モンタナの環境問題、そして都市問題、経済問題について読むうちに、頭の中がぐるぐるして来ました。わたしはここでこうしていていいのだろうか・・・今できることを一歩ずつ頑張るしかないのだけれど。

ちなみに「森と文明」について殆ど何も説明していないことに気付きましたが、「文明崩壊」と似た内容の本です。人類がいかに森林を破壊しつくして土壌をダメにし、その結果より大きな木材を求めて周辺地域を侵略していったか、(その時代の経済基盤が木材の消費を前提としていたため)木材不足や土壌破壊のため国力が落ちて国が崩壊していった過程が描かれています。そういったことは以前から既に解明され共有されていたことなのですが、ここへ来てJared Diamondの本がこんなに話題になっているのは、彼の知名度だけが理由なのではなく、世界的に環境問題にたいする切迫感が高まっているということだろうな、と思います。Diamondの本にどれくらい新しさがあるか、これから読んでみたいとおもいます。



Book: Do What You Are
March 25, 2007, 9:09 am
Filed under: Books | Tags:

 Do What You Are: Discover the Perfect Career for You Through the Secrets of Personality Type
評価:★★★

週末にBlogを更新しすぎ・・・。いつも土曜日は平日の疲れか思考停止状態になって、日曜日になるとフリーフロー。「さあ、これからアレもコレも!」という瞬間に週末が終わります。体が許すのであれば「4週間休みなく働いて1週間オフ」なんていうのもいいかもしれません。

Anyway. About the book.

昨日シネマに行く道すがら、ふらっと立ち寄った青山ブックセンターに平積みしてあった本です。「More than 750,000 Copies Sold」というキャッチコピーに惹かれて即買い。
「人間のNatureは変えられるものではないので、自分のNatureを理解してそれに合ったキャリアを選びましょう」という本です。本によると人は4つの軸で16タイプに分けられるそうです。
4つの軸があって、各々どちらかに当てはまります。
Extroverts(E) – Introverts(I)
Sensors(S) – Intuitives(N)
Thinkers(T) – Feelers(F)
Judgers(J) – Perceivers(P)
この4つの組み合わせで、例えばISFPタイプ、などとなるわけです。
それぞれの軸はいくつかのクライテリアで定義がされていて、一般的な言葉の定義とは少し異なります。私は一人で考えるのが好きだしIntrovertsかなと思ったけど、Extrovertsでした。
このパーソナリティ・タイプに加え、(S)(N)(T)(F)の組み合わせやどれが一番強く作用しているか、自分が開発のステージのどこにいるか(年齢という意味ではない)、によって適した仕事のタイプがある程度導き出せる、というものです。
ちなみにわたしはENTPでした。自分はThinkerかFeelerかは難しかったです。そんな場合には「究極の選択」のような質問が与えられて、それで選びます。ENTPがどういうタイプかというと「論理的ではあるもののVisionaryであり、Factより直感重視型。人の話を黙って聞くより自分ばっかり喋っちゃうタイプで、特に新しいことを思いついたりすると話したくて仕方がなくなる。人に元気をあげたりもらったりする。じっくり考える前にまずやってみる。なので考えなしにダメな一言を発してしまう。ディテール作業を詰めるような仕事や繰り返しが発生する仕事にめっぽう弱い。」って感じでしょうか。
向いている職業の中には(リストとして30個くらいあるなかで気になるものを挙げると)、経営コンサルタント、発明家、写真家、映画監督、都市プランナー、マーケティング・プランナー、クリエイティブ・ディレクター、政治家、ラジオのパーソナリティー、探偵(!)なんかがありました。なんていうか、参考になるっていうかならないって言うか・・・・今とあんまり変わらないじゃないですか。
試しに他のタイプを見てみると、外科医、科学者、パイロット、経済アナリスト、学校の先生、コンピューター技術者、アーティスト、それから戦略コンサルタント(経営コンサルタントではなく)、なんていうのもあって、やっぱりそれぞれ全然違うことが書いてあります。う〜ん。
ちなみに一番笑えたのが、各タイプの詳細説明の一番最後についている「The secret to success is learning to:」(これを習得すれば成功できる秘訣)という太字のコメント。わたしのは「Prioritize, focus, and follow through – especially with commitments made to others」でした。まさに。いつも気をつけるよう努力してます。なかなか出来ません。

職業選択に役に立つかどうかは分かりませんが、かなり面白い本です。分厚いですが、16タイプの説明部分が多いので、自分に関係しているところだったら2~3時間で読めます。

映画監督か・・・いいかも♪



ヒルズ、ピンチ!?
March 25, 2007, 9:07 am
Filed under: Diary | Tags: , , , , ,

いよいよ防衛庁跡地にミッドタウンがオープン。
プレ・オープンに行ってきました。
昨日は本当の関係者で、今日はテナント関係や近隣住民だったようです。
別に開発に関わってこられた担当者や建築家を知っているという理由では全然なくて、贔屓目なしによい場所になったと思います。空間もテナントも良いなと思いました。

隣の古ぼけた区立公園を一体的に整備して、都心に大きなオープンスペースを創出する。安藤忠雄さんに彼の得意とする「ちっちゃい建築」を依頼する。マスターアーキテクトを置いて全体をシームレスにプランニングする。美術館を誘致する。ほんの5年前までは殆どありえなかった、大規模な高級賃貸住宅をつくる。地下鉄の駅から直結させる。(結果系ですが)ある意味荒廃しかけていた(と思う)近隣の価値を一気に押し上げる。
一番カレントな都市開発プランニングの手法が結集した今回のプロジェクトです。公園なんて、都市プランナーが一度はやってみたいとあこがれる、Creative Solutionです。
(近隣の交通渋滞だけは心配してます・・・)

途中では「和をテーマにするっていうことになったけど、どうしよう?」「テナントの美術館はどうするか」などといったお話を聞いていたし、色々と紆余曲折があったわけですが、ほぼ5年で開発を上手く纏め上げた一人ひとりの方に敬意を。

ヒルズは映画館、J-Wave、美術館、Tsutayaというコンテンツでもっていると思うのですが(+個人的には全く関係がないが高級ブランド)、オープンした当時に比べてラジオというメディアの牽引力は落ちているし、美術館はオリジナルのコンテンツを毎回作り上げるかたちなので、労力がかかっていそうな割には満足度が低い感じです。ミッドタウンにもTsutayaが出来てしまったし・・・あとはシネマだけでしょうか?
一時期もてはやされた「ヒルズ族」という言葉が、今ではかなりネガティブなインパクトをもっている気もします。
ヒルズは建築的にもUglyで、プランニングも余り上手くないことを考えると、これからテナントやコンテンツでもっとドライブしていかないと厳しいかな〜と思います。

ともあれ、ミッドタウンは30日に正式オープン!新しい散歩のデスティネーションができて嬉しいです。



Chandelier
March 25, 2007, 8:55 am
Filed under: Diary | Tags:

シャンデリアを付けました。

H.P.Decoで一目ぼれし、3回も偵察にいって購入したもの。
Spiridonというベルギーのメーカーの商品らしいです。
古いシャンデリアのパーツからアセンブルした照明で、ヒマラヤという名前が付いています。私はミノムシかブドウっぽいな、と思ったんだけど。
定番商品ということで新しいのが入荷してくるのですが、
わたしはクリスタルに傷が一杯入ってスモーキーな特定の1個が気に入って、
どうしてもそれが欲しかったのです。

今ちょうどソファの上で背の高さくらいにぶら下がってますが、もう少し低くてもいいかな。
部屋中に虹色の不思議な影ができます。



本気
March 25, 2007, 8:54 am
Filed under: Thought

本気になるということ。

何かを本気にやるということ。

フラ語を始めるにあたって、というわけではなく、
最近「本気」についてよく考えます。

たとえば、
誰かを好きになるということ。
仕事をするということ。
自分で会社を起こすということ。
新しい習い事をするということ。
違う国に暮らすと決断すること。
子供を産むこと。
自分の考えを文章として出版すること。
他にも一杯あると思いますが。

本気を目の前に怖気づく自分に、はじめて気が付く。
本気というか「覚悟」ですね。
勇気が要ります。とても怖いです。今更ながら。
なんとなく始めてみる、とか、とりあえず行ってみる、とかと全く違うアプローチですね。



une nouvelle etudiante francaise
March 25, 2007, 8:53 am
Filed under: Diary | Tags: ,

フランス語のタイトルにしてみました。

Yes, you guessed right!
4月から日仏学院でフランス語を勉強することに。

もう一ヶ国語をマスターする!というのは長年の目標だったわけですが、
そろそろ本気になるべきなのではないかと、ふと気付く。
大学でかなりフランス語を勉強したのに、
Advancedクラスでカンペキ落ちこぼれて挫折
(入院して1学期間学校に行けなかったのもあるけど)。
バルセロナに住みたいな〜と思ってスペイン語を勉強したり、
バルセロナで強盗にあって「二度とこんなところに行かない」と挫折したり、
その後訪れたミュンヘンに魅了されてドイツ語を本格的に勉強しかけたり、
コンサルタントになって忙しくて挫折したり。
おっと、こうやって見てみると挫折の歴史。
今度こそ、と思うのでした。

いまだとイタリア語もいいかなと思うけど、イタリア語を勉強している母親と競争するのもイヤだし、余り役にたたなそうなのでやっぱりフランス語かな。

日仏学院に行ってきました。Signupの時期だからかすごく賑わっていて、フランス人も沢山タバコを吸っていて、独特の雰囲気。行ったことはないけど、中庭のカフェのご飯が美味しいと以前友達が教えてくれました。「フランス語をやるぞ!」という雰囲気に満ち溢れています。
オンラインで50問のテスト(拷問のよう・・・)をやって、フランス人の先生と5分くらいおしゃべりして、クラスが決定しました。
下から3番目のクラス。たしかにゼロからやるのはかなり苦痛だし、一応基本的なところは分かるきがするけど、でも現在形と半過去以外は全然全く分からない・・・心配だなあ。
「簡単すぎたら上のクラスに変えるから」と言われましたが、喋れるのではなく発音が出来るだけなんだけどなあ・・・
と、こんな感じで不安で一杯のまま4月からの通学生活に突入です。こういうところって「絶対フランスに行く」みたいなやる気にあふれている人が一杯いるので、わたしみたいな不真面目な生徒がついて行けるのかな〜

本気になるとは言ってみたものの、本気になるってどういうこと?今英語で考えたり読んだりしている部分をフランス語に置き換える?それとも日本語をフランス語に置き換えるのでしょうか?言ってみたものの、自分でも良く分かりません。次回へつづく。