Sparkles United


日本の消費者を考える
May 14, 2006, 7:28 am
Filed under: Thought

前から不思議に思ってることが2つあるんだよね。

ひとつは、日本で成功するためには日本式に迎合しなくちゃならないのか?

スタバとかアマゾンとかどうかな?

たとえばスタバだと、日本の喫茶店は喫煙が普通だけど、頑として禁煙を通してるじゃない?

日本人のカフェの利用方法として、タバコを吸いながらコーヒーを飲む、というのが特に都市部は圧倒的だったと思うんだけど、そういう人は初めからターゲットから外していたわけだ。

アマゾンは大方の人が本をインターネットで買うということに抵抗があった時にサービスを初めて、今ではそれが受け入れられた訳で、アマゾンが日本に合わせたというよりは、日本の大衆がアマゾンに慣れた、という感じだよね。

それを考えると、どこまで日本のお客さんに合わせる必要があるんだろうか?

 

もうひとつは、日本の消費者ってそんなに特別なのかな?

日本人誰に聞いても口をそろえて「日本の消費者は厳しい」という。

メーカーもベンダーも購買者も。

なんか「自分たちは特別なんだ」というような感じで。

厳しいのかな?

最近それは「依頼心のカタマリ」が為せる業なんじゃないかと思ったりする。

自分で何とかするのがメンドクサイ。高くてもいいから全部やってもらって、出来てるものを買う。相手のミスに厳しい。忍耐力や許容心がない。

それって逆にエデュケートする必要があるかもしれない。

ただ、そんな国民性の消費者に受け入れられるためには、

やっぱり極力簡単に便利にしてあげないといけないんだけど。

もちろん、同じお金を払った時に得られるサービスの質が全般的に高いから、

消費者の期待値も高い、というのは当然ある。

でも自分自身お店をやっていた経験から言うと、

「そんなことまで問い合わせてこなくても」と思わざるを得ないようなケースも多いのが事実。

 

一方で国全体で考えたとき、依頼心が強く解決力や「たくましさ」が足りないのは、

先行き非常に心配でもある。

中央集権国家の国民性かな?

でも中国人はもっとたくましいよね?

何なんだろう。


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: