Sparkles United


Narnia, Hich-Tech and the Children’s Dream
March 8, 2006, 6:30 am
Filed under: Movies & Entertainment, Thought | Tags:

Narnia, Finally on Screen

1年くらいから楽しみにしていた映画がついに公開!

見逃すまいと、早速観にいきました。

ハリーポッターや指輪物語が来たら、確かに次はナルニア、というのも当然。

まさか生きてこの日を迎えるとは、本当に感激。

 

ナルニアと出会ったのは8歳の頃。

当時入院していた病院のライブラリーに置いてあって夢中で読んだ。

今になると1冊のボリュームは薄っぺらいが、

当時は7冊読み終わるのにとても時間がかかって、

それこそ凄い冒険をした気分だったのを鮮明に覚えている。

あの薄い本を読んで、どうやって巨大な冒険世界を想像できたのか、

我ながら子供の想像力はすごいな〜と思ったりする。

特に朝開き丸の巻の海の旅、カスピ王子の本に出てくる森など、

果てしない世界っていうイメージだったのに、

やっぱり今読むとちょっと呆気ない。

 

Power of the Original Scripts

ともあれ最近のSFXの進化のおかげで、

指輪物語など不可能と思えた映画が続々登場している。

そういう技術もあるけれど、でも私が一番感心してしまうのはやはり原作。

外国の大勢の映画製作者によって作られた世界がホントに子供の頃のイメージどおりで、

それを世の中の何万人という人々が同じに感じているのは凄い事ではないかと。

あの薄い本の中で豊潤なコンテクストをかなり正確に伝えていて、

しかも世代や文化を超えているというのは、まさに原作の力だと思う。

ナルニアの場合は挿絵があるというメリットもあるけど、

指輪物語などは奇跡のような感じ。

 

この手の映画は話はとっくに知っているので、

どういうキャストとデザインで映画化されるのかが本当に楽しみ。

次回作がMagician’s Nephewだとすると

今回出てきた子供たちは4作目に再登場までに歳を取っちゃうので、

それがひたすら気になる・・・。


Leave a Comment so far
Leave a comment



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s



%d bloggers like this: