Sparkles United


Team Dinner
March 29, 2006, 6:35 am
Filed under: Diary | Tags:

今日はクライアントの幹部の人たちがチームディナーを開いてくれ、

私たち全員ご招待に預かりました。

これまでかなりの時間ミーティングなどで一緒に過ごしてきたけれど、

仕事以外の話をするのは実は初めて。

すごく楽しかった。

私たちプロジェクトメンバーのほとんどが日本人ではないので、

その辺も堅苦しくなくて砕けた会になった理由かな?

クライアントの会社は営業とかマネジメントがほとんどなくて、

大方がエンジニア集団ということもあるのか、

ものすごくほのぼのした人たちばかり。

三重って名古屋というよりは関西に近いのかな?

 

ともあれ、マネジメント・チームはプロジェクトにとても満足しているようで、

本当にやりやすいです。

プロジェクトを進める上で言葉の壁があって難しい面がある一方、

クライアント側のバイリンガル・スタッフの協力がないと何も進められないのが

逆にメリットにもなっているのかも、と思います。

Advertisements


Personal crisis
March 28, 2006, 6:34 am
Filed under: Diary | Tags:

何がクライシスって、プロジェクトがエクステンションになりそうなのです。

5月以降、新しいフェーズがあるのではないかと。

会社にとっては「よくやった!」という感じですが、

わたしは「早く帰りたいなー」という感じです。

 

しかも毎日かなり時間に余裕があるので、ちょっと手持ち無沙汰です。

コンサルタントという人種について一つ共通点があるとすれば、

手持ち無沙汰恐怖症の割合が非常に高い気がする。

仕事中ヒマなら勉強をする。

早く帰れるなら帰って外で遊ぶ。

電車では寝ないで本を読む。

打ち合わせはタクシーの中でする。

という風に、何かしてないといられない。

 

わたしの治したい癖として異様に荷物が多い、というのがあります。

これも読むかな〜、でも気が向かなかったらこっちを読もう、と言いながら読むものを沢山持ち歩いてしまうため、荷物がものすごく重たくなる。

果たして、ブーズに入社してみたらそんな仲間が一杯!

わたしもびっくりするくらい、皆のカバンが巨大です。

 

ともあれ、無事神谷町勤務に戻れる日を夢見て。



Way to go!
March 28, 2006, 6:32 am
Filed under: Diary | Tags:

最近プロジェクトでよくExcelを使うようになって、Excelのすごさを実感。

これまで加減乗除とSUMだけできればいいかな、と思っていたので一気に開眼した感じ。

いつも皆に「モデリングのプロジェクト、1回は必ず来るよ」と脅されているので、ちょっとは準備をしておこうとExcelの本なんかを読んでみたりする。

 

とはいえ、Self Learningは中々難しい。

会社のトレーニング・サイトからアクセスできるプログラムは全部見てみたけど、収穫といえばショートカットを覚えられるくらい。

昨日は一日ヒマだったのでMicrosoftのウェブサイトにあるExcelのトレーニングも全部やってみた。

いいウェブサイトを発見してマクロの初歩も即席ながら分かってきたけど。

でも、そもそもモデリングって何をするんだ?

う〜ん、さっぱり分からない。

いい本とかあったら是非教えてください。



Narnia, Hich-Tech and the Children’s Dream
March 8, 2006, 6:30 am
Filed under: Movies & Entertainment, Thought | Tags:

Narnia, Finally on Screen

1年くらいから楽しみにしていた映画がついに公開!

見逃すまいと、早速観にいきました。

ハリーポッターや指輪物語が来たら、確かに次はナルニア、というのも当然。

まさか生きてこの日を迎えるとは、本当に感激。

 

ナルニアと出会ったのは8歳の頃。

当時入院していた病院のライブラリーに置いてあって夢中で読んだ。

今になると1冊のボリュームは薄っぺらいが、

当時は7冊読み終わるのにとても時間がかかって、

それこそ凄い冒険をした気分だったのを鮮明に覚えている。

あの薄い本を読んで、どうやって巨大な冒険世界を想像できたのか、

我ながら子供の想像力はすごいな〜と思ったりする。

特に朝開き丸の巻の海の旅、カスピ王子の本に出てくる森など、

果てしない世界っていうイメージだったのに、

やっぱり今読むとちょっと呆気ない。

 

Power of the Original Scripts

ともあれ最近のSFXの進化のおかげで、

指輪物語など不可能と思えた映画が続々登場している。

そういう技術もあるけれど、でも私が一番感心してしまうのはやはり原作。

外国の大勢の映画製作者によって作られた世界がホントに子供の頃のイメージどおりで、

それを世の中の何万人という人々が同じに感じているのは凄い事ではないかと。

あの薄い本の中で豊潤なコンテクストをかなり正確に伝えていて、

しかも世代や文化を超えているというのは、まさに原作の力だと思う。

ナルニアの場合は挿絵があるというメリットもあるけど、

指輪物語などは奇跡のような感じ。

 

この手の映画は話はとっくに知っているので、

どういうキャストとデザインで映画化されるのかが本当に楽しみ。

次回作がMagician’s Nephewだとすると

今回出てきた子供たちは4作目に再登場までに歳を取っちゃうので、

それがひたすら気になる・・・。



近況
March 8, 2006, 6:29 am
Filed under: Diary | Tags:

随分久しぶりの書き込みになってしまいました。

伊勢に行ったら書くこと一杯あるだろう!と張り切っていたのですが、

余りにも何もないので拍子抜け。

何でってクライアントとホテル以外に何処にも行っていない!

「お伊勢参り」や「志摩ツアー」なんてもっての外。

何のために伊勢に行ったのやら。(もちろん仕事のため。)

ホテル住まいだし朝早いのは全然OK!なんだけど、

夜8時以降まで仕事をしていると、空いているレストランがほとんどない。

(そもそもレストランがない)

夜11時まで仕事をしているとホテルのレストランも閉まってしまうので、

あとはほとんど商品のない夜中のAMPMだけが頼り。

伊勢に住んでいる方々は車があるので全く不便ないと思うんだけど。

 

今週はずっと横浜です。

食環境は(なぜか)一向に改善しません。

ちょっとホームオフィス・シックなこの頃です。