Sparkles United


Moved!
May 18, 2010, 12:11 am
Filed under: Diary

My blog has been moved to a new domain.
ブログをお引っ越ししました。
Sparkles*United

Most contents on this blog have been merged into the new blog.

I will keep this site in case I want to move back again :)



My blog may be moved again
May 17, 2010, 9:22 pm
Filed under: Diary

My apologies for dear readers, but I think I am going to try moving my blog.  There are many things that I want to try with my blog, such as crazy web analytics, and WordPress has so many restrains on 3rd party applications.  I will create a link here when it’s done.

いつもブログを読んでくださっている方々へ − Wordpress、見た目は気に入っているのですがGoogle AnalyticsやLibrary Thingsなど色々なアプリを試すことが出来ないので、ブログを(また!)引っ越ししようかと思っています。完了したらここにリンクを作ります。



Happy birthday to me :)
May 12, 2010, 6:31 pm
Filed under: Diary

I’ve got so many birthday withes this year from the moment I woke up. Actually, since 2 days ago. So, I have been in a pretty good mood all day! Thank you so much, all!

Many of them came through Facebook and another community site for knitters. Some people complain about the mal-effect of the highly networked society, but personally I feel blessed by being connected to many caring people around the globe. Those people who abuse the Internet will find a way of hurting people anyway, with our without the Internet.

My colleagues have took me out for a birthday lunch to a near-by cafe/pub. It’s a tiny place, so we had the space to ourselves, and they even decorated the ceiling for me! My colleagues gave me a cute purse and a lovely flower bouquet. Thank you so much!!! I had a blast :)

My mom and sister gave me their present already – a leather book cover, hand made. HAND MADE! (not by them, but by a very talented craftsman.) You know I read a lot, so it was a perfect gift for me.

The only setback is that I am still at work and it doesn’t seem like I go home soon… I will post some photos when I get home tonight.



電子書籍の衝撃
May 10, 2010, 6:35 pm
Filed under: Books, Diary, Thought

電子書籍の衝撃という話題の本を読み終わりました。最初はちょろちょろという出だしだったものの、途中からとても面白く、一気に読めました。Amazonでは「推測に過ぎない」だとか「リサーチ不足」といった厳しいレビューコメントもありますが、単なるデバイス周りの話題にとどまらない、構造的な話が非常に参考になりました。

そのうちのひとつは、取次と出版社との関係の歴史的背景です。海外とは大分違うのだろうな、とは思っていたのですが、ここまで硬直化しているとは。以前勤めていた出版社は取次も通していましたが、どちらかというと定期購読が多く、売り上げに関係なく好きなものを作るようなところだったので(というか、スタッフには売り上げが知らされていなかったという衝撃の事実。。。いかに安月給かを隠すために違いない)、あまり考えたことがありませんでした。

もうひとつの収穫は、出版社と著作者との間に契約書が交わされていないことが多い、ということ。権利関係がハッキリしないため、90年代に打ち上げられた電子書籍コンソーシアムも失敗したんだとか。

加えて、KindleとNookを両方使ってみて比較している人の意見は初めてだったので参考になりました。どうも現時点で既にBarnes&NobleのほうがeBook点数が多いようなので、使い勝手もNookが良いとなると、どうなんでしょう。

また、コンテンツビジネスについて日ごろ考えていたことと重なる意見が多くて、自分の推測を他人の目から検証できたという意味でも面白く読みました。

個人攻撃が多いような気もしますが、わたしは攻撃されている側ではないので、むしろスカッとしました。出版業界にいらっしゃる方にとっては、厳しい意見が多いかもしれません。

ひとつ多少意見が異なる点は、「編集」という作業の重要性です。著者は最終的には「ソーシャルメディアで自分と同じようなテイストのレビューアー(やマイクロインフルエンサー)が編集という作業を代替する」といった趣旨のことが書かれていますが、半分本当で半分は大げさかな。個人がダイレクトに発信できる時代だからこそ、(1)質の低いものの中から宝石を掬い上げる、(2)編集という作業を通して質を保証する、という機能が益々大事になってきて、(1)はソーシャルメディアで代替できるかもしれませんが、(2)は難しいと思います。

これ一冊で世の中すべてが分かるとは思いませんが、Food for Thoughtとしておススメです。



Kindle Experience without Kindle
May 10, 2010, 5:52 pm
Filed under: Books, Diary, Thought

I wanted to briefly update my readers about my recent e-book experience.  I have successfully completed my reading of 4 Kindle books, 2 of which are within a week, on my Macbook (named Alain in a french way) and iPhone (still hasn’t been named).

Let me tell you this very clearly: don’t do it.  It will kill your eyes, then your shoulders, then your head.  No, I don’t want to read my books, newspapers, nor magazines on computer/cell phone/ iPad screens.  Period.

奇しくもiPadの発売日決定と予約注文開始のメールを受け取った今日にこんなことを書くのもなんですが、iPhoneとMacbookのKindleでeBookを数冊読み終わった感想。絶対二度とやらない!これは失明の第一歩だと実感しました。やっぱり紙の本がいいです。それか、本物のKindle/Nook。iPadはそのうちeインクになるのではないかという話もあるそうですが、そうならない限り、書籍の代替は厳しいんじゃないかな。。。。持ち歩けるメディアプレーヤーという使い方はいいと思いますけど。



Lucie Lie Exhibition in Tokyo
May 10, 2010, 1:09 am
Filed under: Diary, Knitting & Craft, Thought

It was a sunny day, such a perfect weather for a small neighborhood stroll.  I managed to bring all my winter boots to a shoe repair shop, did some other chores and felt pretty good about myself.  So, on did I ventured to an exhibition that I was dying to see.  I had written about this person some time ago (a year or two?) when I bought a book on her beautiful work, but anyway there is a show going on for a great Austrian/English potter, Lucie Lie.

The collection was far greater than I had expected.  Apart from the signature style of very simple and colorful yet serene vases and bowls, she invented and rediscovered so many different methods which resulted in diverse beautiful textures.  Still, all of them are so Lucie.  I love her pink the best of all, but other styles were equally intriguing. It was totally worth my $15 and I wouldn’t mind going back there again.

By the way, her surname “Lie” is her husband’s name.  Even though they were married for a very short while, she had kept it forever.  I think she probably loved the rhyme of Lucie and Lie, and preferred it for it sounds and looks more “artisan” than her original name.  Lovely.

The thing that surprised me the most about her work was the preciseness.  She kept record of every single trial and mixture of colors and materials.  Some of her works are very simplistic, look almost as if made by the industrial production, but the amount of work put into them are truly amazing.  Such attention to the tiniest details.  This is the key that made her work so appealing, current and relevant.

Value of things stopped coming from how much they cost or who are the owners.  Rather, how much attention and energy put into the creating process makes all the difference.

Check out her exhibition at New National Art Museum (Shin Kokuritsu Bijutsukan) in Roppongi, running through mid June.



かもめ食堂
May 1, 2010, 12:08 am
Filed under: Diary, Movies & Entertainment

ずっと前からツタヤDiscasで借りっ放しのDVD、かもめ食堂を観ました。今日は天気もよかったし出かけようと思っていたのですが、なんか急にやる気が失せてしまってDVDを観始めました。今日の気分にピッタリだったのか、すごく面白かった。今年観た映画の中で、一番好きかもしれません。

ストーリーは、フィンランドで和食の食堂を始めた日本人女性のスローで静かな日常です。最初は一人もお客が来なくて静かだったのが、段々人が集まって来てちょっとした出来事が色々。キッチンの清潔で静謐なさまに惹かれました。ご飯が美味しそう。マリメッコの洋服がステキ。

それで、映画を観ながら何となくお料理の本をめくっていたらご飯が作りたくなって、スーパーへ。それまで食欲がなかったのに(ポテトチップスで済ますところだった)、たっぷり食べました。ピクルスを作ろうと思って買いだめしていた野菜も、食べられなくなる前になんとかピクルス液に沈みました。ご飯もストウブでちゃんと炊いたし、美味しかった。

やっぱり、それまでどんな人生だったとしても、結婚して子供がいても一人でも、恋に破れても仕事で苦労しても、女30代、40代、なんとなくぼーっとしながら充電したくなる時があるんだなあ。食堂をやっている主人公の女性は、「どうせ好きなことをやるのなら、日本じゃなくてもいいかなって」と言っていました。わたしもそう思って、フリーで出来る仕事を模索したいなあという今日この頃です。

シナモンロールが美味しそうだったので、明日かあさって、作ろうかなと思っています。思い起こせば、中学生くらいのときにOliveで連載していた堀井和子さんのページでシナモンロールが目に留まって、それが私のお菓子作りの第一歩だった気がします。かもめ食堂のレシピはここ。 シナモンが苦手だったら、代わりにココアパウダーとかどうかな。カルダモンを砕くというのは初めて見ました。